パンデミックの危機。恐怖のエボラ出血熱が大流行

2015/12/05

<この記事の所要時間:約 5 分>

皆さんご存知でした?

 

今西アフリカでエボラ出血熱が大流行していること。

 


 

まあ、しきりにニュースでやってるから知ってるかw

 

このニュース。

 

ここ最近のニュースで一番危機を感じました。

そして現在も感じています。

 

エボラ出血熱の過去40年間の歴史を振り返っても今、今回が最も流行しているようです。

 

そんなエボラ出血熱ってどんな病気なのでしょう。

 

◆原因◆
アフリカ中央部(スーダン、コンゴ民主共和国、ガボン)および西アフリカで発症している。自然宿主の特定には至ってはいないが、コウモリ が有力とされている。サルからの感染例はあるが、キャリアではなくヒトと同じ終末宿主である。また、現地ではサルの燻製を食する習慣があるため、これを原 因とする噂がある事も報道に見える。

◆症状と治療◆
潜伏期間は通常7日程度。発病は突発的で、発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、食欲不 振などから、嘔吐、下痢、腹痛などを呈する。進行すると口腔、歯肉、結膜、鼻腔、皮膚、消化管など全身に出血、吐血、下血がみられ、死亡する。致死率は 50 - 90%と非常に高く、治癒しても失明・失聴・脳障害などの重篤な後遺症を残すことが殆どである。

※Wikipedia参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9C%E3%83%A9%E5%87%BA%E8%A1%80%E7%86%B1

 

Bj24zTMCcAAPw9M

 

これを見るだけでもめちゃくちゃ怖いですが、

ポイントをまとめました。

 

エボラ出血熱の重要ポイント

 

◆エボラ出血熱ウイルスに対するワクチン、ならびに、エボラ出血熱感染症に対して有効かつ直接的な治療法は、現在に至るまで確立されていない。

◆致死率は50%~90%

◆病気を発症した患者の血液、唾液や排泄物に直接触れたときに、皮膚からウイルスが体に入ります。病気に感染した動物に触れたり、食べたりすることによっても感染します。※空気感染はしない。

◆アフリカ中央部、西アフリカで流行がみられています。

 

致死率50%~90%(°д°)

しかもそれほど高い致死率を持った伝染病の治療薬がまだ確立されてないって・・・

 

怖すぎます。

感染したらもう奇跡を待つしかない状態って・・・

 

空気感染しないのがせめてもの救いかもしれませんね。

comp

 

 

そんなエボラ出血熱は西アフリカで過去最大規模で拡大中です。

 

西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネを中心に患者が増え続け、過去最大規模で広がっています。

これまでに死者は900人超え・・・

 

発表でこの死者数ってことは現時点で感染している人は多分これの何倍もいるでしょうね。

 

もうすでに数千人規模で感染している可能性がありますよきっと。

EBOLA GUECKEDOU CONAKRY GUINEA 2014

 

そして、国境なき医師団が、 「流行が前例のない勢いで広がり、 制御できない状況に陥った。」と発表しました。

 

「国境なき医師団」は、感染が起きた3月以降、緊急事態に対処するために、すでに300人の医師を何トンもの設備や器材とともに派遣した。

しかし、「いまとなってはもう不可能だ」。襲われた地域にさらに人を派遣することができないことを認めて、ジャンセンズはそう語っている。

「い くつかの地域においては、わたしたちは感染を抑制することに成功しました。しかし、その他の地域では、死亡率はまだ80%あります。確実なのは、この伝染 病が今後何カ月も広まっていくということです。わたしたちは引き続き対応していくために、あらゆる人々に助けを求めています」

 

感染スピードが早すぎて手に負えない状況になってしまっているようです・・・

 

富士フイルムホールディングスが世界を救うかも

富士フィルム傘下の富山化学工業が、自社で開発したインフルエンザ治療薬をエボラ出血熱の治療に使用する承認手続きを急いでいるそうです!!!

 

インフルエンザ治療薬がエボラ出血熱に効果があるの??と知識のない我々一般人は思いますが、

あるんでしょうね。

 

エボラ出血熱治療薬の候補として、現在申請をしているそうで、実験などが色々成功すれば

本当にエボラ出血熱の治療薬として使えるかもしれません。

 

優先的に申請も通してくれているようで、一刻も早く認可が下りるといいですね。

 

富士フィルムが医療の分野に進出していたことは知ってましたが、

まさかこのタイミングでエボラ出血熱の治療薬の候補を出してくるとは!

 

富士フィルムすごい!僕もいまカメラは富士フィルムのX-M1を使っているので、ますます好きになりました!!

 

t0217-01

 

 

 

ということでエボラ出血熱がいま本当に恐ろしいことになっています。

 

今後は更に何倍・何十倍というスピードで感染は広がり、

 

それはもうしばらくは防げない可能せが高いようです。

 

いま西アフリカの一部ですが、このまま広がり続ければ、世界規模でどこかのタイミングで

 

大きな決断をしなければいけないタイミングってくるかもしれませんね。

 

 

ということで今日は、少し怖いニュースについてでした。

 

(´・ω・`;)ノシ