根拠の無い自信は根拠の無い確信?自己肯定感を高める方法。

2016/07/31

<この記事の所要時間:約 5 分>

 

周りに根拠のない自信に満ちている人っていませんか?学校でもクラスの中に1人か2人くらいはいると思います。

この人「やったこともないのになんで出来るって自信満々なんだろう・・・」思ったことある方多いと思います。傍から見ると無謀とも思えなくもないですが、そいう人って幸せそうに見えませんか?

また、何をやろうとしても自信が持てない。何事にも意欲的に取り組めないという人にとっては羨ましく思える事もあると思います。

今日はそんな根拠のない自信を持った人の心理について書いていこうと思います。

 

根拠のない自信は根拠のない確信!?

image4

今までその人がやったことがない事をやろうとしたとき、根拠の無い自信を持っていると、それに対して前向きに・意欲的に取り組むことができます。また、それに関して何か問題が起きた時も強い気持ちでその問題に対処することができます。

何故やったこともない事をやるときにそれだけの自信が持てるのか。

それは、根拠の無い自信を持っている人にとって、それは確信だからです。

根拠の無い確信なのです。「やったことが無いけれども絶対に出来る。」 確信するにはそれ相応の確信に至る理由を持っていますが、絶対に出来るという”自信”ではなく”確信”を持っているからこそ意欲的に取り組めるのです。

分かる人にとっては共感出来ると思いますが、分からない人には全然共感ができないことだと思います。

ただ、確信をしているからこそそれだけ希望を持って意欲的にとりくめるのです。

 

何故、やったことも無いのに確信が持てるのか。自己肯定感とは!?

be_sure_1

根拠の無い自信が持てる人と持てない人の違いは何でしょうか?

それは、心理学では自己肯定感を持てているかどうかの違いだと言われています。

自己肯定感とは言葉のとおり、自己を肯定する感覚。つまり、自分に自信が有るということです。根拠の無い自信を持っている人には根拠の無い自信が持てない人よりも比較的に高い自己肯定感が備わっています。

その為、根拠のない自信がある人は、その特定の物事に対してのみ自信が持てるのではなく、そもそも自分に自信が有るので、何をやるにしても自信を持って取り組むことが出来るのです。

 

自己肯定感を高めるためには何をすれば良いのか。

main_img

じゃあどうすれば自己肯定感を高めることができるの?って話になると思います。

心理学の分野では自己肯定感を高く持てるかどうかは、幼い頃の両親からの影響が大きいとされています。

幼少時代から両親から「愛されている好かれている」と子供ながらに感じられると、子供の時は親が全てなので、それはこれ以上ない自信と安心感になります。「自分は生まれてきて良かったんだ」って。

心理学の分野では自己肯定感はそんな幼少時代の家庭環境が大きいとされているんです。

じゃあ、大人になってからは自己肯定感は高めることができないのか。

また、家庭環境に問題が有る人は全て自己肯定感が低いのか。

って言うとそうではないと思います。

確かに今からでも、両親と何かわだかまりが有るのであればそれは絶対に解消したほうが良いことは間違いないでしょう。

でも、両親どちらも亡くなってしまった人もいるでしょうし、大人になった今では両親が全てではないですよね。じゃあどうするのか。

自己肯定感って自分に対する自信です。なので、

自己肯定感を育むには自分との約束事を守る

o0600045012799248382

いろいろこれらに関しては調べてみましたが、僕的にはこの説が一番正しいと思います。

自信は自分を信じることが出来る力です。生きている上で、皆、幸せになるために様々な努力をしようとしますよね。

その過程で、自分で自分に対して様々な約束事をします。

例えば)ダイエットをしたければ、1日1時間走る。夜9時以降は食べない。など。

何か資格を取りたければ、1日2時間は勉強する。

毎日朝6時に起きる。毎日日記を書く。2日に1回は部屋を掃除する。

などなどです。でも人間って実際このように習慣作りをしようとしても、なかなか守ることができない。

それは同時に自分との約束事を破ることになります。友達と約束したとしてその人が約束を破ると、その人のことを信じられなくなりますよね。

それと同じで、自分との約束を破ると自分を信じられなくなる。

”自分”を”信じられない”=自信が無くなる。

 

小さな約束事で構いません。

小さな約束事を守ることを積み重ねていくと自己肯定感は自然と高まっていきます。

自分自信を信じることができるようになってくると思います。

これらを積み重ねていくと、自己肯定感が高まり、ポジティブになれてくるんです。

 

例えば、

今よりもっと良くなりたい。

例えばダイエットをしたい。

資格を取りたい。

何か練習をして上手くなりたい。

いろいろあると思います。

それらの中で何か1つ、これを毎日の習慣にしよう。と決めてやってみてください。

最低3週間。経験あると思いますが、ホントに小さな週間でも続けるってかなり大変です。

でもそれを始める前と1ヶ月後の継続できている自分を比べると結構気持ち的に変わってきていることが実感できると思います。僕も実際に経験あります。

このブログも実はそうで、短くても良いから最低2日に1回は絶対に更新すると決めて今5ヶ月目。始める前と今ではかなり気持ち的に違います。能力的にもブログの文章力はかなり身に付いてきたと思ってますし、

今ではもうこのブログを更新しないとその日が何か心残りで気になってしまいます。

小さなことですが、このブログは個人的に自己肯定感の維持にも繋がっていると思ってます。

 

本題は根拠のない自信ということですが、まとめると、根拠のない自信は自己肯定感によって生まれますが、

その自己肯定感も、両親とのわだかまりがあればそれを解消することで高めることもできるでしょうし、

自分との約束事を守る。そしてそれを積み重ねることでも高めることが出来るということです。

 

今からでも遅くありません。

自己肯定感を高めて人生楽しく送りましょう!

 

ということで今回はここまで!

 

(´・ω・`)ノシ

 

自信って・・・