【動画】アメリカ、年に一度の巨大セール「ブラックフライデー」がヤバいw商品をめぐり大乱闘ww

2015/12/05

<この記事の所要時間:約 3 分>

世界一の経済大国アメリカでは、毎年11月の第4木曜日は七面鳥を食べて感謝祭を祝う日らしい。この感謝祭ではその年の収穫を祝うらしい。なので、日本のプロテスタントでは収穫感謝日と呼ぶようです。

でも、アメリカ人が本当に楽しみにしている日は収穫祭ではなくその翌日金曜日。ブラックフライデーとのこと。

金曜日なので平日ですから基本は休みではありませんが、休日になることが多い。

そんなブラックフライデーにアメリカ人は熱狂するらしいww

アメリカ人がブラックフライデーに熱狂する理由

理由1、感謝祭の翌日であるため、ブラックフライデーは感謝祭の売れ残りの一掃するためのセールが行われる。

理由2、アメリカでは1年の中で最も買い物が行われるのがクリスマスシーズンらしく、このブラックフライデー当日はクリスマス商戦の開始日である。

この2つの理由が重なりアメリカで最大の大安売りが行われます。

アメリカ人はこのブラックフライデーに熱狂するのですw

 

クリスマスのプレゼント代を浮かせる為人々は争奪戦を繰り広げるw

企業側もこのクリスマス商戦の開始日に気合入りまくり。プレゼント用の商品を売ろうと躍起になりセールを行います。そして、クリスマスのプレゼント代を少しでも浮かせたいアメリカ市民はデパートの中で商品の争奪戦を繰り広げるのです。その様子がYoutubeに上がっていたのですが、それがもう凄まじいwww

 

まるでベルリンの壁崩壊!?デパートへ流れ込む人々ww

とあるデパートでのブラックフライデーの人々の争奪戦。これは凄まじいww

商品取り合い。絵に描いたような争奪戦。途中に映し出される呆れた店員さんの顔www

そして、開店と同時に店内へ流れ込む人々が映し出されますが、その映像はなんだかベルリンの壁崩壊で西ベルリンに流れ込むドイツ人の姿を彷彿とさせますww

 

殴る蹴るは当たり前。スタンガンまで飛び出すブラックフライデーで戦場になったデパート

殴る蹴るが可愛く見える壮絶な争い、今年2014年のブラックフライデーバトル映像。なんとスタンガンまで使っていますwwはっきりとわかるスタンガンの電気で感電しています。

 

1983年当時と現在のブラックフライデー時のアメリカ市民の様子の違いが凄いww

1983年はブラックフライデーでもこんなに穏やかなアメリカ人。それに比べ現在のブラックフライデーでは狂気と化すアメリカ人の違いの様子をわかりやすく動画で比べていますww180度違うwwこれは笑ったw

 

色々書きましたが外国ならではのこういう習慣や文化は個人的に好きですwだって見てて面白いですもん。アメリカ人もこういう動画作って面白がってますしwwもっと色々外国の面白文化調べてみたいと思います。

なんか面白いの(例えば祭りとか)あったらまた書きますねw