重大な病気のサイン!?腰痛の意外な原因

2016/07/31

<この記事の所要時間:約 3 分>

筆者も一度腰を痛めたことがあります。重い物を持とうとした時。「ピキッ!!」ぎっくり腰とまでは行きませんでしたがその後しばらく靴を履くのも一苦労でした。(笑)

その時は明らかに腰を痛めたことが原因だったので大した事はありませんでした。

そんな腰痛の原因ですが、調べてみると実は意外なところが原因だったりするようで、実は重大な病気のサインかも知れないのです。そんな腰痛の原因について今回は書いていきたいと思います。

腰痛の原因は実は15%しか特定できない!?

url

腰痛の原因は多岐にわたるそうですが、原因が特定できる腰痛は実は15%と言われているそうで、残り85%の腰痛は原因が特定できないらしい。

代表的な腰痛は骨折・椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄など、直接腰を損傷してしまった場合。

筆者が体験した腰痛もこの直接腰をいためたことが原因。

その他の原因は細菌感染やがん、臓器や血管などの病気です。

残り85%の腰痛は生活習慣病やストレスなどが影響していることもあるらしくレントゲンを確認しても特定ができないとのこと。

このように腰痛には様々な病気が影響しているらしい。その中でも気お付けなければならないのはやはり内蔵などからくる腰痛です。

重大な病気のサイン!?腰痛の意外な原因

1a10eefbff7a27e04f9b1e44408eb112

腰を直接痛めてしまった場合はこのような原因が挙げられます。

・腰椎椎間板ヘルニア(腰痛・足腰のしびれ麻痺など)

・腰部脊柱管狭窄(腰椎椎間板ヘルニアの症状に加え間欠跛行など)

・圧迫骨折(骨折部位の強い痛み)

・細菌感染(骨などに感染する。夜間安静時にも痛み、徐々に痛みも強くなる)

 

病気によって臓器の周囲にある神経が刺激され腰痛を引き起こしてしまう事があります。

・がん(夜の就寝時にも痛む・徐々に痛みも強くなる)

・消化器系(胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆石、膵炎、乳がんなど。食事にともなって腰痛も引き起こる)

・泌尿器系(尿路結石、腎炎など。排尿時などに腰痛を伴う)

・婦人科系(子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症など。月経時に痛み)

・循環器系(腰にいつもと異なる痛みが現れるなど。)

 

このように腰痛には本当に様々な原因が絡んでいるのです。「単に腰を痛めただけだからそのうち治るだろ」と思い放おっておくと別の原因で、病気発覚が遅れる可能性もあるようなので早めに診てもらうほうが良いかもしれません。

 

また、残り85%の原因不明の腰痛に関しては生活習慣病や運動不足、ストレスなどが影響していることがあるようなので適度な運動や気分転換、食を見直すなど普段からの心がけが大切なようです。

 

ということで今回はここまで。