イスラム国ISILで脱走兵続出!?理想と現実の違い。

2016/07/31

<この記事の所要時間:約 3 分>

イスラム国ISILでなんと脱走する兵士が続出しているらしいw

何故脱走するか。その理由は様々なようですのでまとめてみました。

イスラム国ISIL兵士が脱走する理由。

ISIL

 

理由1 死が怖い。

戦場に自ら志願して何を言ってるんだと言いたくなる理由です。ISILは巧妙な広報戦略で世界中から若者の兵士を勧誘しています。が、その事が裏目に出たケースのようです。世界中から戦闘経験もない兵士を勧誘することは人員の増加などの面でメリットがあります。ですが、実際にISILに兵士として志願して行く若者のほとんどが好奇心で参加しているらしい。「戦争を経験してみたい人」などです。人を殺してみたい人も多いでしょう。そういった好奇心で参加する若者は短期間戦地で戦いその後は、帰国して元の生活に戻る。という驚くほど安易な考えの人が多いらしい。

当然そんなことは不可能。テログループに入るわけですから帰国することなどまず無理。また、ISILはそのような若者兵士をただの捨て駒として扱っているらしいです。そのためまず生き残ることなど不可能らしい。

周りの仲間が次々に苦しんで死んでいく姿を見ているでしょうから自分もそうなりたくない。と思った兵士が現在次々と脱走しているらしく。捕らえられた兵士は昨年12月以降頃から大量に処刑されているそうです。

理由2 脱走兵に偽装したテロ行為

もう一つの理由が戦略的なテロ行為。ISISが脱走を装って欧米の戦闘員を母国に送り込んでいるケースもあるようです。このような偽の脱走兵はISISの戦略的なメディアによって政府に気付かれずに帰国しているらしい。すごい、これは完全に潜入捜査。スパイですね。少し前にISISの戦闘員に日本人が 既に数人参加しているというニュースが有り、その時ニュースで日本もテロ組織の標的になるかもしれないということで話題になりましたが、それが外国で実現されているということ。

ISIS内部に通じる活動家によれば、ISISはこのような巧妙な戦略によって、ヨーロッパ複数都市で同時多発テロの計画もされているらしいです。脱走兵を装ったISIS戦闘員は帰国するときに大量の兵器を持ち帰る事もあるそうでヨーロッパに大量の武器が持ち込まれる恐れがあると危惧しているようです。実際にイギリスでISISに加わり戦死したはずの男を当局が拘束しその時拘束された男が乗っていたレンタカーからは大量の武器が見つかったらしいです。

 

ヨーロッパではもう既にISILの第2の戦略?が始まっているのではないでしょうか。今後はどうなっていくのでしょうか。日本人戦闘員がもしいるとするならば日本も危険な状況になる可能性があるかもしれませんね。。。