川崎中1殺人事件容疑者宅ニコ動生主ノエルが凸w家族の様子中継→警察職務質問→その様子をマスコミから撮影されるwww

2015/12/05

<この記事の所要時間:約 4 分>

なにこれwww

なんじゃこれwww

スゴイ時代になりましたよほんとに。

インターネット普及してから20年弱かな?USTREAM、ニコニコ動画、ツイキャスなども生まれ個人がメディアとなれる時代になりましたね。

メディアの語源ミディアム。中間。当事者と視聴者の中間の立場のメディアにだれでもなれる時代。

そんな時代の象徴とも言える事案がネット上で話題になっています。

▼目次

川崎中1殺人事件容疑者宅の現場に二コ生主ノエルが凸

スクリーンショット 2015-03-06 22.05.23

それがこれ。川崎中1殺人事件容疑者の宅になんと、ニコニコ生放送の生主ノエルが凸www

家族の様子を自身の生放送で放送するという事例が発生www

これは今まで過去にも無かったことではないでしょうかww

ほんとスゴイ時代になりました。

愚か者という声もあると思いますが、だれでもメディアになれる時代、居ても全然おかしくない。と言うか筆者的には、いずれ出てくる存在が今ついに?やっと?出てきた。という感じです。

でも確かに批判する人の気持も分かる。

ただネットの環境が整った世界で、出てくるべくして出てきた。そして、彼意外にも必ず他の事例が出てくると思います。

初めての事例ですが、彼がした行為は悪いことでも犯罪でもありませんので誰も咎めることも出来ないし、やってはいけない理由も特にない。まだ、このことに対する”常識”ができていない状況だとおもいます。

ニコ生主ノエルが撮影した映像

今回ニコ生主ノエルが撮影した動画がこれ

 

 

もうスゴイですね彼ww

ただまあ映像を見る限り変わり者という感じはだれでも感じるとは思います。

川崎中1事件家族を撮影し、その後警察から職務質問→その職務質問の様子をマスコミから撮影されるwww

もうごちゃごちゃwww

マスコミもまさか生主がこんなところにこんな目的で来るとは思ってないでしょうし、それが物珍しい状況であるからそれを本物のマスコミが撮影したのでしょうwww

 

もし彼が、生主でなくジャーナリストであれば

162f6519f3ac6d6555f7089c852d5c0e

なんとなくこれは筆者が感じたことですが、彼がもし素人のただの生主だからこうなってしまった思うのです。

生計を立てられるかどうかは別として、ジャーナリストには資格も何もありません。

誰でもジャーナリストと名乗れば今日からなれる職業です。

彼もニコニコ生放送の生主と言わずに、自身の媒体か何かを持ち、ジャーナリストとして名乗ればこうまで警察から長い時間の職務質問もされなかったのでは?本物のマスコミからもその様子にマイクを向けられなかったのでは?と思えてしまいます。

肩書を変えるだけで人の印象って全然変わりますからねーw

 

これを見たネットユーザの反応

きもいなー

ダメだこいつ・・・

左の道を行こうと右の道を選ぼうと終着点が同じなら同じことノエルもマスゴミもやってることはいっしょ

遊び半分で被害者葬儀を取材して咎められたら警察呼んで無駄な税金使った時点でノエルはアウト加害者凸まではそれなりに応援されてたのに馬鹿な奴だこの汚名を返上すべく再度加害者宅凸を頑張ってほしい

神尊が可哀想すぎる

マスゴミはマスゴミでも会社からちゃんと給料貰ってああゆうこと仕事でやってんでしょ子供は学校行け

通夜に行って被害者関係者写すとかはやめろよ糞餓鬼どもの自宅ならまだ評価できたのにそこら辺がまだガキだな

マスゴミは責任とれてノエルはとれない?配信してる以上こいつがなにかやれば証拠が残りリスナーに通報されその場で逮捕(補導)されるマスゴミよりよほど責任の所在がはっきりしてるわな

だが少年法に守られて罰は軽いから補導程度で終了何も同じじゃないマスゴミ以下

不審者そのものだな

一人だけ異様ですわ

ノエルってちょっとヤバい奴だな

やり方に問題はあるけど、俺コイツ嫌いじゃないわ。 奇麗事で済まさない、っていう態度も時には必要。

こいつきもちわるい

ニコ厨頭おかしい…

この子の親は何やってるの? 知らないのかな?

何も間違ってないわ これからはパパラッチがパパラッチされる やっと自由に責任が伴う時代がきた

やってることはマスコミと変わらないよな

葬式の方はやりすぎだろ。 マスゴミですら中に潜り込もうとまではしてないぞ。

顔とかモロ撮しなんだろ? 撮影相手にモザイクかけたりしないんだろコイツ? そこがマスコミとは違うだろ

容疑者の自宅配信=なかなかやるじゃんw 被害者の通夜配信=死ね

必死だなこのアホ

50歩100歩とはまさにこの事か・・・