マイナンバー制度が2015年10月スタートしますよ!考えていきたいこと

2015/12/05

<この記事の所要時間:約 5 分>

マイナンバー制度(国民総背番号制)が遂に2015年秋にスタートします!

もうご存じの方も多いと思いますが、マイナンバー制度は全ての日本国民に番号を割り当て、その番号でその人全ての情報を管理することが出来る番号です。

住所や年齢や名前は勿論、口座残高や収支記録、所有している資産なども全て!犯罪記録や親子・親族関係等も含まれるそうです。人が番号で管理されます。なんか未来っぽいですよね。

目的は行政の手続き・事務面での効率化と個人特定を識別して管理しやすくする為の制度です。

イメージ的に免許証の免許証番号みたいな感じ。それのもっと掘り下げたものです。

すごいですね~。凄い時代ですねー!

このシステムを考えた人も凄いですがそれを実現させるシステムを構築した業者も凄いw

ちなみにマイナンバー制度を実現させる為のシステム整備の初期費用は2000億~4000億円らしく、毎年の管理・運用に数億円掛かるらしいです。(Wikipedia参考)

まあでもとてつもなく複雑になりそうな案件なのでそれくらいは掛かるかもですね。数百人が数年携わっているはずのプロジェクトなので。

でも、運用開始してからのバグなんかが怖いww

 

どういう手続が行われ割り当てられていくのか

top_title

このマイナンバーの割り当ては自動で行われるらしい。そのため、今年の平成27年10月に12桁の番号が記載された通知カードが郵便で届くらしいですよ。

なんか楽しみですね。自分が何番になるのか。とか、「お前のマイナンバー8ばっかりじゃんwww」とかいう会話起きそう。wwwそれはないかw基本教えちゃ行けない番号ですよねw

でも今までの政策の中でも珍しいというか、全国民が強制的にマイナンバー制度に参加しなければならないという不思議な制度ですよね。

 

マイナンバーを変更することは出来るか。

これは出来ない。というかやらないそうです。基本は一度割り当てられた番号は一生変更されることは無いそうです。例外としてマイナンバーの漏洩等が起き不正に使用される恐れが有る場合は変更するかどうか検討はされるかもしれないらしい。

ココからは想像ですが、

なんか、でも番号の漏洩とかって結構起きそうなきがする。。。

その番号が記載されたカードを持ち歩く事になった場合なんかは、単純に落とす可能性もあるし、無くす可能性も有りますもんね。

ただ、恐らく基本は番号が分かっても意味が無いんじゃないか?って気はしますが。免許証番号がそうであるように。

 

ホームレスの人はどうなるの?

ホームレスもこのマイナンバー制度の対象になります。国民全員例外なく対象になる。

でも疑問なのは、ホームレスの人って住所不定だし多分名前も親族も年齢もすべての情報がわからないですよね。

いや、当然ホームレス本人から名前を確認すればいいと思うのですが、

もしその情報が嘘を言ったとして、誰が分かるの?ってなると思う。。。

身よりも知り合いも誰もいないホームレスの人もいそうですし、そのような場合、

番号を割り当てるのは簡単ですが、名前・年齢・本籍など基本的な情報はどういうふうに割り当てるのかが、

筆者としては非常に気になっています。なのでちょっとこの辺りのことを調べてみたのですがわかりませんでした。

もう少し詳しく調べて分かったらまた書きますね。

→調べた結果、ホームレスでも全ての方にマイナンバーは割り当てられますが、それは住民票に登録されている方のみのようで、住民票にも登録されていなければマイナンバーは割り当てられないことになるそうです。

この当たりの問題点はまあ、どうしようもないのかもしれませんね。

マイナンバー制度の本当の目的ってなんだろう。政府ではなく国民にとってのメリット・デメリットは?

表向きは事務手続きの効率化を行うためにその人の名前〜所有資産まですべての情報を一元管理すると公表されています。

本当の目的ってなんだろうって思いますよね。なんだか。

本当の目的というか、このマイナンバーを実現することで、政府的には何ができるようになるのか。

かなりの予算を費やすわけですからね。

ただ単に手続きなどの効率化でそんなに予算かける?という感じもする。

マイナンバー制度をすることで今まで出来なかった何かが出来るようになる。とするのであれば、それは何なのでしょうか。

表向きには公表されていない部分こそ、最も気になるところです。

現状公表されているのは恐らくですが、政府側にとってのメリットですよね。

目的が業務の効率化などとなっているので、その業務は政府の業務であってその効率化ということ。

そうではなくて、国民にとってのこのマイナンバー制度のメリット・デメリットってなんなのでしょうかね。

国民にとってのメリットはどんどん公表したいところでしょうが、どんな政策でも新しい事には絶対にデメリットも有ります。

陰と陽。光と影って言うように、それって真理なので、光が有れば影も有る。

今回のマイナンバー制度も絶対に国民にとってのデメリットが有るはず。

それってなんなのでしょう。

 

今後恐らく今年10月のスタートの際までに急速にネット上などでも議論が交わされるようになっていくと思うので、注目したいと思います。これは本当に他人ごとではない話ですからねー!!

ということで知識不足ですみません。もしご存知のかたはぜひぜひコメント欄にて教えていただけると幸いです。

 

 

 


 comment
  1. なお より:

    年金制度も崩壊するだろう。 近いうちに、生活が苦しかったり、生きていくために最低限をもらっている年金生活者、とにかく以前働いていた人の恩給もなくして、働くなったら死ねといっているようなもの。でなかったら、資産や株までは見逃してくだし。罰金なんてとんでもない。資産や株は官僚が負担してください 激怒!!
    福祉や介護をなくそうという動き。 弱いものは死ねといっているようなもの。8月からの改悪、4月から始まっている一部の介護の改悪が物語っている。ひとが子孫のために残す、財産、資産まで管理して食いつぶすな。てめら金をくってきた官僚が、財産資産には目をつぶれ。がしさせんじゃねえ。働けないひとは死ねttえいっっているようなもの。生保のひとだらけの大改悪はやめろ戦争しているみたい大恐慌時代  マイナンバー制度は国民を守る制度であったはずだが、株<なんのために株価ってんだよおまえ知的障害者か死ねttえいいたい!>資産ぼったくtってどぶに捨てさせるのはやめろ 俺実名で国に訴えまくる 内閣官房長にはメールが送れないから、封筒でそのまま送る。おれはある意味つよいんだ。
    官僚が国民を調子にのっていじめないために

  2. 安倍野阿呆 より:

    うちの会社で一番仕事が出来る人間が、住所不定、マイナンバーが無いと給料を支払えなくなると言ったら、辞めてしまいました、それ以来会社は業績悪化、安倍内閣はとんでもないことをしてくれた、住所不定で、職業を失った人達が集まって、マイナンバーで、此れからタンス預金が増えるので、強盗等の悪事が増えるのでは無いかと思います、国民がコツコツ貯めた預金額迄、何故他人に知られなくてはならないのか!?民主主義ではなくなりますね!これからは…そのうち国民の健康状態でもマイナンバーで解るのですから、徴兵制度にでも使うつもりなんでしょうね、私はそう思えてしまいます…

    • 田中幸子 より:

      私もその意見の可能性が高いと思います…

      • 執筆者:けんぼー より:

        私はマイナンバーに関しては普通に生活する分には特に影響ないと思っていましたが色々とリスクは有るみたいですね。

    • 執筆者:けんぼー より:

      コメントありがとうございます。
      そうなんですね。本格的にマイナンバー稼働しますけどどうなるのか見ものですね。

コメントを残す