【初耳学】電話で相手の話し中が終わった事を知らせてくれる!NTTダイヤル159とは?

2015/12/04

<この記事の所要時間:約 2 分>

電話をかけた相手が話し中のことって誰でも経験ありますよね。

プライベートで緊急を要しない場合の電話であれば良いですが、仕事・ビジネスのシーンでは緊急を要す電話は常につきもの。

急ぎの電話の際に相手の電話が通話中だと、急いでいれば急いでいる時ほどイライラしてしまいがち。

2回掛けても3回掛けてもまだまだ通話中の時などは最悪です。

なにか良いサービスは無いものでしょうか。

実は、、、

有るんです!!!(笑)

それはNTTが提供している相手の通話が終わったら通知してくれる「空いたらお知らせ159」というサービス

url

使用方法は簡単!

こちらから掛けた電話が話し中の場合に電話を切った後に159へコール。

その後1を登録しておくだけ。

そうすると、直前に電話を掛けた相手の通話が終了すると、コールしてくれて自動音声で相手の通話が終了したことを知らせてくれる。

なんという便利で簡単なサービスなのだろうか。

ただ、このサービスには1つだけ欠点が!

それは相手の電話番号によってはこのサービスが使えない場合があるということ。

1SNネット、携帯電話、PHS、ダイヤルイン契約の電話、フリーダイヤル・ナビダイヤル等の電話番号などはサービスが使えないことがあるそうです。

つまりは固定電話相手などで無ければ中々使いづらいかもしれないと言うこと。

また、この159サービスはこのサービスを設定したことが相手に通知されることがないため、とりあえず一度設定を行ってみて相手の番号がサービス対象かどうかを確かめることが得策だと言えるようです。

仕事の現場であれば固定電話への通話が多いでしょうから是非一度使ってみては?

人によってはかなり便利なサービスだと思いますよ!!!