サイ・トゥオンブリー氏の「黒板」が7053万ドル(約86億円)芸術は何を書くかじゃなくて誰が書くか

2015/12/04

<この記事の所要時間:約 4 分>

11月11日に開かれたニューヨークのサザビーズオークションでサイ・トゥオンブリーという米国の抽象画家が描いた「黒板」という絵になんと7053万ドル(約86億円)という高値がつき話題になっています。

見出しを見るとこれだけの高値ですから余程すごい画なんだろうなーと思って居ましたが筆者が実際に見ると「ただの落書きやん」という感想です。

芸術の世界は本当にわからぬ。。。

その作品がこちら

これwwwただ黒板に落書きしただけでしょwww

筆者でも3分位あればこれくらい書けます。

印象画って芸術が分からない人には分からない。

印象画を見て購入する人は何に価値をおいてるかというとおそらくは人ですよね。

要はサイ・トゥオンブリーさんが描いたものはどんな画でも価値が有る。

だって見た目は普通にただのラクガキですもんねw

何を描くかどんな画を描くかじゃなくて誰が描くか次第。

これを見る限りは芸術って人だなって感じがします。

ってかそうでなきゃこの絵に7053万ドル(約86億円)なんて説明つきませんからねwww

皆さんは絵の価値分かりますか?

サイ・トゥオンブリー氏の他の画も見てみた

やっぱりわからぬ。。。

芸術の世界とは奥深いですね。。。w