その「恋愛」は単純接触の原理かも?接触回数が多ければ親密度が増す

2016/07/31

<この記事の所要時間:約 3 分>

大体の恋愛のセオリーとして(他人→友人→恋人)となったパターンがほとんどだと思います。

一目惚れというパターンも有るかもしれませんが大体多くの方は「まずは友達から」という流れで仲良くなり恋愛関係になるというパターンですよね。

実はこれ心理学的に証明されているんです。

今回はそれをお伝えしたいと懷います。

その「恋愛」は単純接触の原理かも

b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s

単純接触の原理(もしくは法則)って言葉殆どの方が聞いたことがないと思います。

これは心理学用語で「個体間の親密さは、接触回数、 接触頻度が多ければ多いほど増す」といういみです。

個体間。つまり人間同士の親密さは接触回数、接触頻度(会う頻度や回数)が多ければ多いほど増す。親密になる。ということ。

元々友達で、それから付き合った。というパターンは完全にこの単純接触の原理に則っているというわけです。

親密度を高めたければ接触回数と頻度を増やす

f4f5b2c4988effce1003dd9c390d67d4_s

単純接触の原理は裏を返せば、

親密度を高めたければ接触回数・頻度を高めればよいという事になります。

もし親しくなりたい・親密になりたいという場合は

何かしら理由を付けて近くに居る状況を作る。合う理由を作ると

相手はいつの間にかあなたの事を親密に思うかも。

その逆に親密になりたくなければ接触回数・接触頻度を減らすことで親密度はどんどん低下する。

ということになります。

恋愛だけではなく人間関係全てに言えることですね。

これはビジネスパートナー・友人関係においてもやはり単純接触の原理が働いていることになります。

ビジネスパートナーとしてある人との親密度を高めたければ、お客様との親密度を高めたければ接触回数・接触頻度を高めれば良いということです。

そうすることでお客さんの親密度はどんどん高くなる。

メールやLINE、SNS等でコミュニケーションを

4e9b10b3a7d9f761dc381b35104ba4f2_s

接触頻度・接触回数は勿論会って接するということが非常に重要ですが、そこまでしょっちゅう会うことは難しいという事は有ります。

そのような場合はメールやLINE・SNSを駆使しましょう。

メールやLINEで直接やり取りをする。電話で雑談するというのも接触回数・頻度を高める1つの方法です。

更には、相手が反応しそうな画像や投稿をツイッターやFacebookなどSNSにアップする等も有効な方法です。(相手が見ていなければ意味が無いですが)

そのようなツールも1つの親密度を高める方法です。

まとめ

相手を振り向かせるためにどうすれば良いのか・・・と

悩むことは多いと思います。

そんな時は単純接触の原理を利用して、振り向かせようと無理に説得するなどではなく、何度も高頻度で接触していけば確実に親密度は高くなるのです。

是非、恋愛・ビジネス・友人関係など悩んでいる方はこの単純接触の原理を考えて利用してみてはいかがでしょうか。

今までとは全く違う反応や効果が得られるかもしれませんよ!