【罪悪感ゼロ】ブリスボール専門店が9月オープン予定!〜砂糖不使用、自然素材100%のメンテナンスフード広めたい〜

2016/07/31

<この記事の所要時間:約 5 分>

罪悪感ゼロのスイーツが話題になっていたので紹介したいと思います!

オーストラリア発!ブリスボールとは?

ブリスボールはオーストラリア発のスイーツです。

代表の坪井玲奈さんがInstagramで偶然見つけたそうです。

凄いですね。

坪井玲奈さんはヨガスタジオの運営に携わっている中で、インストラクターさんにある時勧められたドライフルーツやナッツを食べてみたところ、そのおいしさに感動。

素材そのものの味だけでおいしく、さらに体に良い。

実は坪井さんの母親は薬剤師だそうで「食と生きること」の関連性を昔から強く感じていたとのこと。

その関係もあり、体に良くて美味しい、そんなおやつを探し求めていた。そんな時に、

Instagramで偶然見つけたスイーツ【ブリスボール】に可能性を感じ、2016年4月に独立し、日本初のブリスボール専門店Food Jewelryを設立。

自分自らの力で広めたいという想いから行動し実現させたそうです。

行動力がエグい。

ブリスボールとは、ドライフルーツやナッツなどを原料に作られており オーストラリアを発祥とする「ヘルシーな国民的おやつ」として親しまれています。カラダに優しいだけではなく、見た目や色合いも可愛らしいため、 ブリスボールをつくってインスタグラムやSNSなどにアップする人も多数います。(参照元公式プレスリリース

FOOD JEWELRYのブリスボールのコンセプトは「No Sugar(砂糖なし)」「No Gluten(グルテンフリー)」「No Additives(添加物なし)」です。

素材そのものが持つ良さを活かし、素材同士の相乗効果が生まれるような組み合わせで作るのがポイント。

砂糖不使用、無添加、無着色で色合いも素材のまま。「しっとり、ジュワッ、カリッ」と豊かな食感なのだそうです。

ブリスボールのラインナップ

Food Jewelryのブリスボールで使う素材は2種のカテゴリが有ります。

◆Organic(オーガニック)
:すべてオーガニック認定を受けた素材からできたブリスボールです

◆More Natural(モア ナチュラル)
:オーガニック認定は受けていないものの、減農薬など厳選した品質の素材からできたブリスボールです(情報参照

この2つの素材を使い、

「エナジーチャージ」シリーズ

・カカオ×アーモンド with ココナッツ

・カカオ×アーモンド with パンプキンシード

・カカオ×アーモンドwith クランチアーモンド(ビター)

「ビューティー」シリーズ

・クランベリー×くるみ with クコの実

・イチジク×デーツ with サンフラワーシード(ひまわりの種)

・りんご×シナモン with くるみ

「和」シリーズ

・抹茶×ゴマ with パンプキンシード

「エクササイズ」シリーズ〜「プロテイン」ボール〜

自然由来のホエイプロテイン、などカラダを鍛えるための素材を加えたブリスボール。

などを取り揃えているそうです。

また更に季節の旬のシリーズなども加えていくとのこと。

ブリスボールはオーダーメイドも予定!?

ブリスボールはドライフルーツやナッツを中心に作られたスイーツですが、このブリスボールの可能性は大きいようです。

現在はブリスボールの定番商品の開発に力を注いでいますが、今後、オーダーメイドシステムを取り入れていくビジョンもあるそうです。

その人それぞれの体にあわせた素材でブリスボールを作りお届けするというもの。

そこまで行くとかなり可能性が広がりますね!

グランドオープンは9月予定

現在9月のグランドオープンに向けて準備中。グランドオープンまでは受注生産&期間限定のイベントや提携店での販売を予定しているそうです。

欲しい方はこちら↓↓

◆◆◆現在は、受注生産を行なっております◆◆◆

◇法人向け:店舗、イベント、パーティーへのお届け

◇個人向け:EJ JUICE&SOUP(東京・麹町)でのお受取、冷凍配送によるお届け(EC JUICE&SOUO公式Facebook

注文希望、詳細についてのお問い合わせなどは、
info@food-jewelry.com
よりお願いいたします。

まとめ

坪井玲奈さん、1987年生まれだそうです。

筆者と2つしか変わらない。

凄い行動力、実行力です!

坪井さんが代表を務めるFOOD JEWELRY(フードジュエリー)は、”ココロとカラダの調子を整えるため”に食べる食事を広げていく事を理念とされていてこの、食事・食物の事を「メンテナンスフード」というそうです。

子供の頃、おやつの時間は私達にとって幸せな時間でした。

しかし、いつしか、スイーツを食べる=罪悪感(カロリー的な意味で)を感じるようになってしまうように。。。

幸福だったおやつの時間をブリスボールで取り戻したい。

メンテナンスフードって言葉初めて知りましたがいい言葉ですね。

そして、確かにおやつの時間幸せな時間でした。

そんな幸せな時間がブリスボールで取り戻せるかもしれない。

素敵やん。。。

是非是非今回ご紹介したブリスボールに興味がある方は公式ページを御覧ください。

FOOD JEWELRY公式ページ

公式Facebookページ