禁酒ダイエットの効果!禁酒すると体重が減る理由を調べてみた

2016/11/21

<この記事の所要時間:約 6 分>

スポンサーリンク

お酒やお酒のつまみが太る原因と分かっているにもかかわらずお酒がやめられない。

もしくは、お酒を飲む頻度を減らせないという方は「禁酒ダイエットの効果がよくわからない。」「禁酒ダイエットは本当に痩せられるの?」と疑問を持っている方は多いと思います。

今回は、筆者が禁酒ダイエットに取り組み、実際に痩せた事を踏まえて、禁酒ダイエットにどんな効果があるのかを調べてみました。

禁酒ダイエット2ヶ月目の体験談はこちら

禁酒ダイエットの方法

禁酒ダイエットの方法

禁酒ダイエットとはいわゆる”お酒を辞める”というダイエット法ですが、幾つか方法が有ります。

1、完全に断酒する

1つ目のパターンは完全に断酒するという方法です。

これはお酒を今まで飲んでいた人からすると非常に難しい。

お酒を辞めるのは一筋縄ではいきません。

ダイエットをする前に軽度のアル中になっている人はアル中と戦う必要もありますし、禁酒によるイライラやストレスとの格闘も必要です。

ただ、これが最も禁酒ダイエットの効果を実感しやすい方法では有ります。

2、禁酒のルール決めをして頻度を減らす

もう1つの方法は、飲酒のルール決めをして頻度を減らす方法です。

完全に断酒するのではなく、例えば、家での一人酒だけは完全にやめるが、飲み会や仕事の付合い飲みでは普通に飲む。など。

週5日飲んでいる人は必ず週2日に減らすなどです。

社会人になると色々と付合いが有りますので完全断酒がなかなか難しい方も居ると思いますので、その際は、この頻度を減らす禁酒ダイエットがオススメです。

ちなみに筆者は、家での一人飲みだけを完全に辞めるという禁酒ダイエットに取り組んでいます。

飲み会や接待飲みなどでは今までどおり普通に飲みます。

禁酒ダイエットの効果

禁酒ダイエットの効果

実際に禁酒ダイエットの効果を報告しますと、現在2ヶ月目ですが、体重がマイナス2kgです。

一人酒だけを辞めただけで、特に運動量を増やしたわけでも食事制限をしているわけでもありません。

それだけで明らかに体重が減っていますし、いわゆるビール腹は圧倒的に改善されている事を実感できています。

特に皮下脂肪がこの2ヶ月間で激減しました。

内臓脂肪はもう少し掛かりそうです。

それと、顔の頬の丸みも抑えられシュッとなってきています。

なぜ禁酒ダイエットはこれほど効果があるのか

おつまみのカロリー

アルコールのカロリーは意外に高い

ビール  40 kcal
 発泡酒   45 kcal
 ワイン  73 kcal
 日本酒  103 kcal
 乙類焼酎  146 kcal
 梅酒  156 kcal
 甲類焼酎    156 kcal
 ウイスキー  235 kcal
 ブランデー  235 kcal
 ウォッカ  240 kcal
 ジン  280 kcal

上記は100ml(100g)の各お酒のカロリーです。

ちなみにご飯(お米)100gのカロリーは168キロカロリーです。

焼酎1杯とご飯1杯のカロリーて実は殆ど変わらないんです。

ビールジョッキで1杯飲んで、焼酎4杯飲んで、ワイン1杯飲んでってなるとどんどんカロリーは増えていくわけで、お酒は水分だから一見太らなさそうで、太ります。

お酒のおつまみ、アテのカロリー

鶏の唐揚げ1個 80キロカロリー
フライドポテト1皿 350キロカロリー
だし巻き卵1切れ 130キロカロリー
殻付きピーナツ10個 120キロカロリー
枝豆1人前 60キロカロリー
刺身盛り合わせ1人前 150キロカロリー
揚げ出し豆腐半人前 150キロカロリー
焼き鳥もも1本 70キロカロリー
キムチ1人前 60キロカロリー

※このようにお酒のおつまみも意外に高カロリーです。

夜ご飯として考えたとしてもお酒を飲みながら食事をしていると摂取カロリー数はどんどん増えていくわけです。

アルコールとおつまみで太るメカニズム

アルコールとおつまみで太る

アルコールは薬品で私達の体・内臓は毒と認識し、アルコールと食事を摂取すると肝臓は最優先でアルコールを分解します。

その際にできるアセトアルデヒドという物質を二酸化炭素と水に分解し、尿などで排出します。

食事を一緒にしていると、アルコールの分解を優先するため食事の分解・解毒を二の次にしてしまいます。

通常は食事や、糖は肝臓でグリコーゲンに変化し、肝臓・筋肉に貯蔵するという働きの流れになりますが、これらがおろそかになると、行き場を失ったグリコーゲンが中性脂肪となってしまうのです。

これが体脂肪になり、どんどん脂肪が蓄積され太っていきます。

通常の流れであればグリコーゲンが貯蔵されるため満腹感を感じることも出来ますが、うまく貯蔵もされないために、満腹感も薄れ、飲みのあとのラーメンが欲しくなるという欲も出てきます。

また、アルコールによって血行や胃液の分泌も活性化され食欲が高まります。

まさに、おつまみとアルコールはダイエットに最悪のコンビネーションなのです。

禁酒ダイエットでこの頻度を減らす

禁酒ダイエットで飲酒の頻度を減らす

ここまで聞くと何故禁酒ダイエットが効果的なのか、飲酒が何故太るのかが分かってきたかと思います。

毎日飲む方は、上記の太るメカニズムが毎日働きます。

どんどん脂肪を蓄積しているわけです。

圧倒的スピードで中性脂肪を蓄えていきます。

この蓄積が禁酒ダイエットを行うことで抑制することができるのです。

また、禁酒ダイエットは単に体重が減るだけではなく、内臓の疲れが減るため、体の疲れも減り、健康的になり、その活力を仕事にも活かせる。

という良いことだらけのダイエット方法なのです。

毎日飲んで居る方は、ここまで拝読頂くと、自分がどれだけ自分の内臓を傷めつけ、自分の内臓に対してドS行為を行っていたのかが分かって頂けたかと思います。

禁酒ダイエットでより良い人生を

禁酒ダイエットでより良い人生を

お酒好きな方は長年、週5日など高頻度で飲酒をしている方が多いと思いますが、もしダイエットを考えられているなら是非1度禁酒ダイエットに挑戦してみませんか?

頻度を週5日から週1日などにすると、体調も全然変わることが実感できますし、お酒が減った時、自分自身の生活がどう変わるのか。を知る事が出来ます。

1つの良い経験にもなりますし、もしかすると仕事への活力がより一層増し、人生が豊かになるかもしれません。

禁酒ダイエットは痩せるだけにとどまらず、人生に影響するかもしれない他のダイエット法には無い魅力を秘めたダイエットなのです。