改造人間祭りがアンダーグラウンドすぎる。理解不能なサブカルチャー

<この記事の所要時間:約 4 分>

世の中には様々なサブカルチャーが有ります。

サブカルチャーとはいわゆる一般社会の中での文化とは異なる、独自の思想・心情を持つ人々による独特な文化のことです。

今回はその中でも、特に特殊な、アンダーグラウンドのサブカルチャーをご紹介したいと思います。

身体改造

身体改造というと少し怖いイメージですが、いわゆる自分の身体に好きなように手を加える事です。

整形も捉え方によってはその1種かもしれませんが、一般的に整形はサブカルチャーでの身体改造の枠には入らず別枠で区別されています。

サブカルチャーで言う身体改造は、危険性の高い身体改造でも正規の医療機関ではなく、自ら行う事も多く、危険を伴う事も少なくありません。

また、身体の持つ機能を失わせるような身体改造を行う人も居ます。

普通一般的に生活をしている中で目にする身体改造と言えばタトゥー、ピアス等になります。

また、数年前に吉高由里子主演の「蛇にピアス」スプリットタンが話題になりましたが、サブカルチャーの世界では更にアンダーグラウンドな身体改造の世界があるのです。

ボディサスペンション「改造人間祭」

まずは画像を御覧ください。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

普通の人が見ると鳥肌ものですね。。。

これ、特殊メイクでも何でも無く、本当に針を刺しているのです。

【改造人間祭】イベント名で、国内唯一のプロサスペンションチームである「THEフッカーズ」のASAMIという方と、アンダーグラウンドな世界で最高峰パフォーマンスイベント団体と言われている「毒蟲」の月花という方の共演イベントです。

ボディサスペンションとは身体にフックを通して吊り下げることです。

本当にフックを身体に突き刺して吊るします。

改造人間祭のFacebookページはこちら

ちなみに、この改造人間祭のイベントは身体改造していない方でも観客参加可能のようですので、興味が湧いた方は一度観覧してみてはいかがでしょうか笑

筆者も正直、実際に見てみたいです。

FacebookやTwitterに投稿される身体改造画像

痛々しい画像が苦手な方はご注意を。^^;

実際に多くの方々が身体改造を行っており、TwitterなどSNSに投稿しています。


Instagramなどでも多くの方が投稿していますので、興味がある方はこちらを【#身体改造

ピアスと言えどもこの身体改造のアングラな世界になると、拡張が凄いレベルです。

スプリットタンも本当にする人が居るんだ。。。と驚いてしまう。

他にも様々な身体改造が

身体改造は種類が多岐にわたり、サブカルチャーの世界なので、自分自身の好きなように、何処をどう改造するかも人それぞれです。

その中でも代表的なものを挙げてみます。

スカイリフィケーション(タトゥーとは違い、皮膚に傷をつけて盛り上がらせて模様を付ける)

抜歯(歯を抜く)

グリル(歯に金属の装飾品を付ける)

スプリットタン(舌を縦に切り二股の舌にする)

インプラント(テフロンもしくはシリコンの小さなパーツを皮膚の下に埋め込む)

聞いただけで痛い。。。

人の考えは人それぞれで、本当に趣味嗜好が異なり、中でも身体改造など、サブカルチャーの世界を好む方々は興味深いですね。

何故その行為が好きなのか。気になります。

当ブログでは今後も様々なサブカルチャーの世界をご紹介していきたいと思います。