Amwayの断り方!10回以上勧誘を受けた経験から解説

2017/03/11

<この記事の所要時間:約 27 分>

皆さんAmway(アムウェイ)という企業をご存知でしょうか?

ネットなどをよく見る方は知っている人は多いかもしれませんね。

世界でも超優良企業として評価されており、東京には日本Amwayの立派な本社が立っています。

筆者はこれまで実は10回以上もAmwayの誘いを受け、その誘いの全てを受け、説明などに出向いたことがあります。

実際にAmwayをやったことはありません。

その結果、やたらAmwayやネットワークビジネスに詳しくなりました。

今回は、そんな経験を活かし、Amwayの実情や何故筆者がAmwayをやらなかったのか、その理由をまとめてみました。

ネットワークビジネスやAmwayに興味のある方はご参考までに。

※長文となっておりますので、ソーシャルボタンで保存するもしくは↓の目次などをご活用下さい。

▼目次

Amwayとは

Amwayとはリッチ・デヴォスとジェイ・ヴァン・アンデルが創業者の日用品メーカーです。

その販売方法が特殊で、ほぼ広告費も掛けずに年間約1000億円程の売上高です。

日本アムウェイ合同会社の本社はこちら

NHKの目の前です。

そしてこれが米国ミシガン州エイダにあるAmwayの本社です。

自社工場もあり、めちゃくちゃ広大です。

大手企業は年間に数千億の広告費

スーパー・ドラッグストアなどで一般的に販売されている市販の日用品の価格にはその商品を広めるための広告費も含まれていますので、成分だけの原価にすると原価率はかなり低い。といえます。

大手企業は広告費に1000億程使っています。

SONY、トヨタはなんと最も多く4000億程使っています。

日用品の最大手である花王なんかは2015年の年間広告費924億円です。

売上高は1兆4000億円。この内の広告比率は6.6%。

それほど多くの広告費を掛けて大きな利益を生み出しているのです。

薄利多売も追求すると凄まじいですね。

Amwayの商品と販売戦略について

しかしAmwayは、ほとんど広告費も掛けずに相場よりかなり高い日用品を年間1000億円も売り上げているのです。

その理由はネットワークビジネスの仕組みを導入しているためです。

通常、洗剤・シャンプーは皆さんどのようなものを使用していますか?

大抵は、CMや雑誌などのメディアで見たことがあるメーカーのものを使用していませんか?

洗剤なんかは1本100円〜200円で価格的にも安価ですよね?

Amwayの商品はそのような市販の日用品と比べるとかなり高めです。

例えば洗剤1本が2000円弱程します。

ただ、洗剤に関しては希釈(薄める)して使うタイプなので長持ちはします。

価格が高いわりに、広告費も商品価格にはほとんど含まれて居ませんので、成分的にも良いものが使われており、実際に使ってみると多くの人は商品の確かな良さを実感し、Amway商品のファンになる人も多い様です。

※良い成分を使っているということで原価率は高いと言えます。

ちなみに筆者自身もAmwayの商品を使ったことがありますが、たしかに良いものであると感じました。

ただ、先程お伝えしたとおり、Amwayは他の日用品メーカーと比べると遥かに低い広告費です。

通常、2000円弱の洗剤を広告費を掛けずに売るのは非常に困難なのです。

理由は簡単です。

もしあなたが、友達から知らないメーカーの2000円の洗剤を購入して。と売り込まれた時に買うかどうか。となった時、絶対買いませんよね?

このように、一般的に有名ではないメーカーは、相場よりかなり高い商品を売るということは非常に難しい。

ネットワークビジネスについて

そこで、日用品メーカーのAmwayはネットワークビジネスという手法によって、日用品を広め利益を生み出しています。

Amwayでビジネスを始めるとディストリビューター(販売員)という人を増やす活動を行うことになります。

ネットワークビジネスとは専門用語では連鎖販売取引(れんさはんばいとりひき)と言い、巷ではMLM(マルチレベルマーケティング)とも言われています。

※ちなみにネット上では違法では?と言われていますが、Amwayは全く違法ではありません。

ネットワークと言う言葉の通り、完全紹介制で、年間3600円の会員費を支払うことで、初めてAmwayの商品を購入する権利が得られます。

Amwayは本当に儲かるのか

Amwayは本当に儲かるのかについて解説していきたいと思います。

Amway商品を購入するとポイントが返ってくる

Amwayで儲かるネットワークビジネスの仕組みがこのポイントバックです。

Amwayではディストリビューターの購入金額に応じてポイントが還元されます。

換算は月間集計で、ポイントが上がれば上がるほど還元率が高くなります。

還元率の表

購入PV 還元率
0PV~3万PV未満

0%

3万PV~9万PV未満

3%

9万PV~18万PV未満

6%

18万PV~36万PV未満

9%

36万PV~60万PV未満

12%

60万PV~100万PV未満

15%

100万PV~150万PV未満

18%

150万PV以上

21%

このポイントの事をPVと言い、1PV=1.35円の換算となります。

さらにポイントキャッシュバック分を算出するための「BV」(ビジネスボリューム)という物があります。

BVは1PV=1.3BVで算出されます。

正式に計算を行うと

例えばAmwayの商品をあなたが購入し3万PVを獲得した場合、

するとこの表で言うと3%です。

これにポイントキャッシュバック分の1.3BVを加算します。

30,000PV×1.3BV=3.9万BV

これに還元率である3%を掛けます。

3.9万BV×0.03=1170円となります。

これはあなたの報酬が1170円ということです。

※このBVは商品によって異なる様ですので、ここでは計算方法のみをご理解頂ければと思います。

PV算出が非常にややこしいのでここでは1PV=1円でさらにBV抜きで考えます。

 

要はここからが大事です。

本来貰える金額は若干ずれますが、下記の説明でご理解いただきたいのが、金額の計算方法よりも金額の振り分け方です。

自分が紹介したらその人の分もPV加算される

Amwayの収益モデルはこのようになっています。

仮にあなたをAさん(ディストリビューター)と仮定し、あなたが誘ったBさん・Cさんがそれぞれ2人ずつ誘ったとします。

(※1PV=1円でさらにBV抜きで計算)

そして、全員がその月に3万円分のAmway商品を購入したとすると・・・

↑↑このような図式が成り立ちます。

Aさんであるあなたのチームの合計PVは3万×7人=21万PV

このようになります。

自分のチームのPVが全て合計していることがわかりますね。

これを先程紹介したPVの利率に割り当てます。

このようになりますから、あなたの取り分はこの図の中では最も多くなります。

ちなみにこのPVというのは月間の集計です。

この振り分け方が重要で、チーム全体の合計報酬21,600円を上からではなく下から分配していきます。

そして、BグループCグループはそれぞれ9万PVですから9万×6%で5400円です。

これをBグループのDさんEさんにまず900円ずつ

CグループのFさんGさんに900円ずつ

すると5400−1800=3600円です。

Bさん、Cさんはそれぞれ3600円ずつ貰えるということです。

そして、あなたはAさんですからあなたのグループは合計21万PVです。

報酬額は21万PV×9%=18900円(グループ合計)

ここから自分より下の人達へ先に分配していき、余った金額がAさんの取り分になります。

18900−(3600+3600+900+900+900+900)=8100円

この8100円がAさんの取り分です。

Aさんを誘ったSさんもこれと同様に計算します。

21600円-(8100+3600+3600+900+900+900+900)=2700円

結果的にSさんの取り分は2700円となるのです。

ここでは計算をわかりやすくするために1PV=1円でさらにBV抜きで考えていますから実際に貰える金額としてはBVが加算される分もう少し多くなります。

上が儲かるビジネスではない。全ては努力と実績

この図を見てわかると思いますが、Amwayは上が儲かる仕組みではなく、がんばった分だけ。

評価が高い人。

仕事量・実績が多い人が多くの収益を得られる仕組みができています。

ネットワークビジネスのイメージ的に、Aさんであるあなたを紹介した人(Sさん)が最も多い様に思われがちですよね。

なんとなく上が儲かる仕組みになっているのでは・・・?って思っちゃいますよね。

ですが、この図を見る限り、最も実績を出しているのはAさんであるあなたですよね。

ですので、あなたが最も収益を得ていることになり、あなたを誘ったSさんの収益を大きく抜いています。

このようにAmwayはその人の努力・実績によって平等に対価を支払います。

Amwayの真骨頂!150万PVに到達すると独立

その他にAmwayは自分のグループの売上合計が150万PVに到達すると独立というシステムがあります。

ここからがAmwayの醍醐味です。

しかし、ここで説明していると長くなりますので気になる方はこちらのyoutube動画を御覧ください。

 

この動画はAmwayで最も成功している、Amwayの世界では有名な方です。

150万PVに到達すると独立するシステムについて説明しています。

150万PV達成後、それ以上のレベル

Amwayでは150万PVを1つの目標としており、その後はこのようにピンレベルという階級に変わる物がディストリビューターに与えられます。

シルバー・プロデューサー
ゴールド・プロデューサー
ダイレクト・ディストリビューター(以下DD)
ルビーDD
ファウンダーズDD
ファウンダーズ・ルビー DD
サファイア DD
ファウンダーズ・サファイア DD
エメラルド DD
ファウンダーズ・エメラルド DD
ダイヤモンド DD
ファウンダーズ・ダイヤモンド DD
エグゼクティブ・ダイヤモンド DD
ファウンダーズ・エグゼクティブ・ダイヤモンド DD
ダブル・ダイヤモンド DD
ファウンダーズ・ダブル・ダイヤモンド DD
トリプル・ダイヤモンド DD
ファウンダーズ・トリプル・ダイヤモンド DD
クラウン DD
ファウンダーズ・クラウン DD
クラウン・アンバサダー DD
ファウンダーズ・クラウン・アンバサダー DD

月間150万PVを達成した人はSP(シルバープロデューサー)という称号になります。

ちなみに目安として年収1000万円に到達するのはエメラルド DDからと言われています。

※その月の実績によって変わるのであくまで目安です。

ちなみにダブルクラウンアンバサダーという最高の称号を持っているのは世界でも中島薫氏のみで年収は不明ですが10億〜20億は越えているとも噂されています。

Amway1本で生活出来るようになるには

ちなみにAmwayの登竜門。ここまで行けばAmway1本で生活ができるようになるという目安がDD(ダイレクト・ディストリビューター)というランクです。

これはSP(月間150万PV)を6ヶ月継続(内3ヶ月連続含)という事が条件になります。

このランクになると年収的には200~400万位になると言われています。

Amwayで成功者といわれるランク

とりあえずAmwayを行うなかで”成功”といえるレベルがエメラルド(Em)です。

このエメラルドになる条件は自分のグループ内に「DD」を3人以上作り、6ヶ月継続する事です。

ここまで行くと年収が800~1200万程になるとされているそうです。

ここまでなると、ある程度余裕ある生活出来るだけの金額が毎月特に何も仕事をしなくても入ってくるようにもなるそうです。

まさに権利収入だけで生活できるようになるということですね。

Amwayに関して理解して欲しい5つのこと

1)Amwayは詐欺ではない

2)悪徳マルチ商法でもねずみ講でもない。

3)上だけが儲かるわけでもなく今から始めた人でも努力と実績さえ残せば稼ぐことが出来る

4)ネットワークはAmwayという日用品メーカー企業の販売戦略の1つの手法でしかない

5)上記の動画で語られている収益モデルは嘘ではない。本当です。

なにより重要なことは、ネット上の不確かな情報(※このブログもネット上の情報ですが・・・)の表面だけを見て”なんとなく嫌”と思わず、正しい情報を知った上でやるかやらないかを判断することです。

僕がAmwayをやらない9つの理由

筆者は何度もAmwayの勧誘を受け、実際に説明会なども何度も参加しているので、決してネット上の悪い口コミにも惑わされていると思っていませんし、どちらかと言うと正しい情報を知った上で冷静な目線で捉えられているのではないかと自負しています。

ですのでAmwayには不信感も疑問も抱いていませんでした。

ネットワークビジネスは1つのビジネスモデルでしかないですし、法律違反でもないですので、何も悪くありません。

むしろ正直いうと仕組みがもうできあがっているので、努力次第でうまくいきやすい環境が整っています。

そして、後から始めても頑張りと実績がそのまま評価される。

ということを考えるとかなり良いビジネスなのでは。と実は一時期真剣に悩んだ時期があります。

では何故筆者は最終的にAmwayをやらなかったのか。

それは下記の9つです。

理由1、知人を失うリスクが大きすぎるから

Amwayは始めたての頃、まず行うことが、片っ端から友達、知り合いに声をかけることから始めます。

やっぱり声をかけるのは知り合いや友達・家族が手っ取り早いですからね

筆者も何度も誘われたことがあります。

もう3年以上、5年以上会っていない学生時代の友達から突然連絡が来て「久しぶり。ご飯行かない?」と誘われるのです。

「どう考えたって怪しい。。。何もない訳がない。何か理由があるはず。」と誰でも考えますよね。

売り込みされるのでは?と仲の良い友達でも距離を置くようになる人が大半だと思います。

そして、こんな噂が友達の間に伝わるのです。

「あいつ、なんか怪しいビジネス始めたっぽいよ。」

このような噂が広がることは容易に想像できます。

※もちろん想像ですが、可能性としては高いのではないかと思います。

こうなると誘っていない友達へも伝達される可能性も高く水面下でどんどん誘っていない友達からも敬遠される可能性があるということです。

理由2、風評被害のあるビジネスに友達を勧誘させる行為に疑問

Amway自体は悪くないですが、Amwayには風評被害があります。

ネットで情報を得た多くの人はAmwayの事を”怪しい”と思っています。

それも、表面上だけのイメージで被害にあった最悪のパターンの書き込みだけを真に受けています。

Amwayを否定的に思っている人の8割位は正しい情報をしらずにイメージだけで悪いと思い込んでいます。

これによってAmway自体は先程お伝えした様に詐欺でもなんでもないのに、悪徳商法というイメージが先行し風評被害となるのです。

そもそも風評被害のあるビジネスに友達を誘う事自体に筆者は疑問でした。

その風評被害によって自分が誘った友達が友達から嫌われる可能性だってあるのです。

仮に友達と一緒にビジネスをするのであれば風評被害の無いビジネスを一緒にしたいと個人的には思っています。

理由3、Amwayで豊かな生活が出来ている人は全体の1割に満たない

実際にAmwayだけで生活出来ているひとは全体の1割に満たないと言われています。

この比率に関しては諸説あるようですが、イメージに出てくるような裕福な生活をしているいわゆるAmway成功者はほんのごく一部です。

裏を返せば、成功するイメージだけで”できそう!”と思った人でも実際やってみるとおもったよりも難しくて、結局うまく行かなかったというパターンが9割以上ということです。

とりあえずAmwayで売上の良い月は5万貰えるようになった!というレベルの人であればもう少し増えるかもしれませんが。

理由4、ネット集客は出来ない

Amwayはネット上で募集することを規約上禁止しています。
その為、Amwayをやっている人がネット上で情報を公開して、応募フォームで受け付けているというパターンを見たことがある人はほぼ居ないと思います。

筆者的に、ネットをやっている性分、ネットでなくリアル限定という方法にあまり魅力を感じなかったというのも正直なところです。

理由5、生命保険のビジネスモデルに近いと思ったから

これには諸説あり、筆者が仕事上知り合った経営コンサルタントの方に聞いた話です。
100%正しいかは不明なので聞き流してください。

生命保険の営業方法はまず自分が営業マンになると、ノルマがありますので、とりあえず自分の知り合い、友達、親族から契約を自分の生命保険に切り替えてもらえないか、もしくは加入してもらえないかとお願いします。

知り合いが一通り終われば、知り合いの知り合いを紹介してもらう、もしくは異業種交流会・企業への飛び込み営業となるのですが、この部分で契約が思うように取れずに、結局友達・知り合い・親族を契約させた段階で、諦めて退職・転職するというパターンが非常に多いそうです。

生命保険会社にとって一通り教育が終わった営業マンを失う事がマイナスに思えそうですが、実は、そうではなく、生命保険のビジネスモデル自体がそのようになっているという話です。

つまり、営業マンの離職率が高いのを承知の上で、新しい営業マンを次々と雇用し、その営業マンの周りの人を自社の生命保険に切り替えさせる。
生命保険は一度切り替えると中々契約解除するものでもなく、数年単位の契約となりますので、生命保険会社としてはその営業マンが退職しようが利益は十分取れているということです。

Amwayのビジネスモデルを聞いた時、この生命保険のビジネスモデルに非常に似ているなと思いました。
Amwayも新しく始めると自分の周りの人を勧誘し、日用品を市販のものからAmway商品に切り替えさせます。
Amwayの日用品は一般的な市販のものより高額で成分も良いものを使っているため、良さを実感しやすく、Amway商品を使った人がこれまで使っていた市販ものに戻れないというパターンが意外に多いようです。

また、Amway商品は年間会員(年会費3,600円)にならなければ購入出来ないシステムになりますので一度加入すると1年間は会員として継続となります。
年会費も支払っているため、「買わなきゃ損」と思う方も居るでしょうし、魅力的な商品を購入できる権利を手に入れたと「買えることが嬉しい」という前向きな思考にもなりやすくそのような理由からAmwayの商品に特別感を見出し継続してAmway商品を購入する人が多いようです。

これは数字を実際に見ていないので予測ですが、一般的な日用品のメーカーの商品とAmwayの商品を比べた時、Amway商品のリピート率は圧倒的に高いのではないかと思います。

理由6、チームで動くから一人あたりのノルマが高額になる

Amwayはチームで動き、月毎の換算になります。
チーム全体の合計がその月のチームのPVとなります。

先程もお店いたしましたがこのグループで言うと合計は24万PVです。

これを元に比率の表を見ると。。。


先程お見せしたこの表の通り、PVは増えれば増えるほど報酬の比率も増えます。
つまりチーム全体であと1万PV行けば比率が増えるのに。。。
となった場合どういう心理になるかというと、「自らが商品を購入してでもPVを増やし、報酬比率を上げたい」という心理になるはずです。

例えば35万PVと36万PVの場合

35万PVだと9%ですから31,500円

36万PVだと12%ですから43,200円

このように1万PVの差でも率が切り替わるかどうかでこれだけ大きな差が生まれます。

例として1万PVで行いましたが、これが、4万PV、5万PVを増やすために全員で負担しよう。。。となった時。出費がかさむばかりです。

Amwayのビジネスモデルの上手い所だなと本当に感心します。
ですので、月によっては自らが数万円という高額な金額を支払わなければならなくなり、結果的に全然収益挙げられない。。。なんてことも起こり得てしまうということです。

もちろん自分の努力次第では数十万円の不労所得を手に入れる事も出来るシステムになっていますが、初期の段階ではリスクを背負い、将来を信じ、高額な自腹を切る必要が出てくる可能性も有るのではないかと思います。

そしてその可能性は非常に高いと思う。うん。

理由7、大抵の人は始めた時に十数万円を支払っている

Amwayを始めた人を見ていると、大抵が開始時に十数万円分のAmway商品を購入しています。

中には月額数万円で計100万円を超える契約をしている人もちらほら。。。

シャンプーやサプリメント、日用消耗品のほかに、浄水器や空気清浄機などを購入している人が結構多いです。

その理由の多くが、「自分で商品を購入して使っていたほうが勧誘する時に説明し易いから」です。

これは確かにそうかもしれませんが、筆者がこれまで何度も勧誘を受けてきた中で、説明を受けたのはシャンプーやサプリメントくらいで、浄水器などの説明を受けたことはありません。

その他に考えられる理由として、そのチームのPVを稼ぐためです。

これは筆者の考えなので事実かは分かりませんが、正直言って「チームの上の説明が上手い人に上手いこと言われて買わされているようにしか見えない」という感想です。。。

何故かと言うと、どう見てもあまりビジネス自体の知識がなさそうな人、就職して長いが職業的にビジネス・商売にあまり関わってこなかった人が勧誘を受けて買わされているようにしか見えなかったからです。

※あくまでも感じた印象ですので、実際は分かりません。

これは説明を受けなければ感じられない感覚ですが、説明開場に複数人居ると、なんとなくその場の雰囲気が「やらないなんて考えられない」という雰囲気になっていきます。

それだけ、話し手の話が上手すぎて「あ〜これは上手いわ。これをこの場で聞かされたらやる人結構多そうだな。」と思ったことが何度もあります。

理由8、150万PVの壁がでかすぎる

これはそのチームの状況にもよりますが、仮にあなたが上に立つチームが150万PV行った場合にあなたが貰える報酬は15万円前後くらいと言われています。

ここまでいくと生活が出来るか出来ないかくらいというレベルとして1つの区切りとされていますが、個々まで行くことがあまりにも難しそうに思えました。

説明会の時にはなんとなく「自分にもできそう。。。」と感じる。というか感じさせられているのかもしれません。

一人になって改めて計算すると。。。

チーム1人が毎月1万円分を購入した場合150人必要

チーム1人が毎月2万円分を購入する場合75人必要

こうなります。75人を自分の下に作ることもかなり難しそうですが、一般的に考えたら日用品って毎月そんなにたくさん購入しませんよね。

ましてや月に1万円も生活消耗品を購入するって中々の負担です。

そうなると、達成する方法としては、チームに150人以上の人を入れるか、もしくは、75名のチームを作りチーム全員に例えば毎月2万円購入というノルマを課す事で150万PVの達成を目指すか。

これは本当に大変なことです。

Amwayだからどれほど大変なのか、イメージがつきにくいですが、普通のビジネスに考えると

月間1万円の契約を150人から取る、

月間2万円の契約を75人から取る

月間3万円の契約を50人から取る

要はこういうことですが、こう考えるとめちゃくちゃ大変に思えませんか?

逆に減らして月間5000円の契約にすると150万PV達成には300人の勧誘が必要なわけです。。。

もちろんその勧誘した人がAmwayを辞めない限り自分の定期収入に繋がることは確かです。

ただ、どう考えても生半可・片手間では無理な仕事ですし、「副業としてぼちぼちやっていこう・・・」というスタンスだと何年掛かるの?って話です。

個人的には間違いなく150万PV行く前に挫折するなと感じましたし、実際150万PVいっている人はAmwayやっている全体の1〜2割程度だと言われています。

他にも幾つかやらなかった理由があるのですが、主にこの8つです。

筆者の主観も入ってはいるのでご参考までに。

何度も言いますが、Amwayは悪徳商法でも犯罪でもなんでもありませんし、努力と実績次第では本当に稼げるようになることもあります。全て自己責任です。

理由9、150万PV達成できている割合が低すぎる

少し前ですが、2015年12月時点のディストリビューター総組数は約700,000組です。

これはAmwayの公式の発表です。

その中で2014年/2015年会計年度で21%のボーナス達成した組数。つまり150万PV達成した組数は5097組です。

全体で割ると約1%です。

つまり、1%程しか150万PVを達成できていないということです。

これはどれほど150万PV達成が難しいかを物語っています。

やはり、大抵が途中で諦めてしまう。その中でも努力して努力し続けた人だけが達成できるという世界のようです。

一攫千金の簡単なビジネスなんて存在しません。

これはAmway日本の公式ホームページで公開している統計データです。参考までに御覧ください。

Amway公式HP

こんなパターンはAmway・ネットワークビジネスかも

これまでAmwayや数々のネットワークビジネスの誘いを受けてきました。

その中でこんなパターンはネットワークビジネスの可能性があるということをまとめてみました。

ネットワークビジネスでありがちな勧誘のパターン

・オフ会、イベントなどで同性から声を掛けられ後日1週間以内に会おうと誘われる

・数年会っていない友達・知り合いから急に連絡が来る

・男性の場合、イベント、オフ会などで知り合った女性から違和感を感じるくらい積極的に連絡先の交換や誘いを受ける。

・会話が夢や今の仕事に対する不満

・将来の年金の話、お金の話

・より良い日用品や健康志向の話

勧誘でよく出てくるキーワード

ネットワークビジネスの誘いなのか、単純に話したいだけなのか分からない場合、こんなキーワードが会話の中に出てくるとネットワークビジネスの可能性があります。

  • 仕事に不満
  • 将来の年金
  • 成功者
  • 凄い経営者
  • 最近ビジネス始めた
  • 健康
  • 予防医療

単純に普段よく合う仲間・友達との会話の中で出る事もありますが、久しぶりの友人と会った時、ほとんど面識のない人との会話の中でこれらのキーワードの出現頻度が高ければ高いネットワークビジネスの可能性が高くなると思われます。

身なりが整いすぎている場合はニュースキンかも

ニュースキンとはAmwayに次ぐ大手のネットワークビジネスです。

同じように日用品・消耗品を取り扱っています。

Amwayの場合、私服なので一般の人と見分けがつきませんが、ニュースキンではビジネスを始めると全ての場面でスーツ着用がルールです。

誰かを誘う時・勧誘する時・説明会全てがスーツです。

勧誘を受けてやっていない状況でも説明会に行く人はスーツです。

最初に知り合った時のタイミングでは私服で問題ありませんが、話をする時にもし相手の身なりが異常に整っている。整いすぎている。場合は私の経験上、ニュースキンの可能性が非常に高いです。

僕がやっているAmway・MLM勧誘の断り方

Amway自体にそもそも必要性を感じておらず魅力的に思っていない場合、そう思っていてもやはり誰から誘われるか分かりません。

もし本当にやりたくないと思っていれば、断ることが必要になってくるのですが、筆者なりの断り方と注意点をお伝えいたします。

1、そもそも誘いを断る

そもそもがなんとなく怪しそうだな〜。という雰囲気を感じたら会わないという事も有りです。

相手に対して親交を深めたいなどの思いがなければそもそも「ご飯いこう」と言われたところで行かなければ良いですし、「無視する権利も有る」「選択権は100%こちらにある」ということを心得ておきましょう。

2、きっぱり断る

これが出来る方であれば最もてっとり早いです。

相手に対して一切の関係を断っても良い。と思っている人は、「ネットワークビジネスの勧誘であると」察知した時点で

「やりません」とはっきり意思表示をすることが大切です。

ただ、1対1であれば言いやすいですが、多くの人がいる中の1人の状況で誘われた場合はこの意思表示をすることに非常に大きな勇気が必要になってきます。

3、その場は良い顔してやり過ごし連絡を断つ

これが最も断る方法としては良いかなという感じです。

その場は「ちょっと考えてみます。」と伝えたうえで、その後は一切の連絡を断つ。

連絡を断つことが難しければ、ラインかメールか電話で「やっぱり辞めておきます」とはっきり伝えましょう。

「何故ですか?」と相手から問われるかと思いますので、

「実際に集めることが難しそう」

「それに割く時間がない」

「そのネットワークビジネスに興味がない」

などと伝え、何を言われても「やらない」と相手に思わせ諦めさせましょう。

4、核心を突く質問をせずに相手のトークを阻む

勧誘やネットワークビジネスの説明を受けている時に「しない方が良い質問」が有ります。

それは

「結局どれくらい稼げるの?」

「どれくらい稼いでいるの?」

です。

この2つはある意味核心を突く質問です。

この2つの質問をすることで相手には「この人は興味を持っているかもしれない」という印象を与えることにもなりますし、逆にこの質問に対して「○○円くらいはすぐに稼げる」など、あなたにとって良い返答をされた場合、逆にあなたが断りにくくなる可能性があるためです。

質問によっては相手へ説得材料を与えてしまうことにも繋がります。

基本はやる気がなければ、説明を聞くだけで相手へ逆に質問することを避けましょう。

【注意点】説明会では年収2000万円クラスの人が話す

Amwayやその他多くのネットワークビジネスでは自分の下を強くすることで自分の収益が増えることや安定することに繋がります。

その為ネットワークビジネスで成功している人も、まだ収益ゼロの人に対しても非常に親身になり、協力し助けるという事が起きます。

すると、始めたての人がセッティングした説明会の開場でも年収1000万円2000万円という高収入の方、大きなイベントになると5000万円や億を超える人に簡単に合うことも可能となります。

そうなると主導権を取るのはその数千万円の報酬をもらっているAmway成功者になります。

やはりパワーバランス的にはAmway成功者が強くなり、その説明会の空気を支配します。

そうすると、なんとなく「やらない事がありえない」「自分にもできそう」という感覚に陥ってしまうのです。

一攫千金的なイメージで捉える人も多いと思います。

実際に冷静に考えれば生半可な努力じゃ実現不可能ってすぐに分かりそうな事でも、やはりトークは本当に上手いです。

自分でもできそうな気持ちになり、その開場の雰囲気はどんどん高まっていきます。

こうなると、元々はやらないつもりでも、しっかりと意思表示ができない人はトントン拍子で契約してしまう。ということも起こり得てもおかしくありません。

最初の勧誘で断ることが大切

通常ネットワークビジネスでは、きちんと説明することが出来る人が居ます。

その為流れ的には多くの場合こうなります。

勧誘→説明会→別の説明会もしくはイベント→入会

説明会に行ってしまうと「やらざるおえない雰囲気」「やらないなんてもったいない」という雰囲気になりますのでそれを避けるには勧誘の時点で断ることが何より重要です。

やるつもりは無いけど、説明会にも興味本位で一度行ってみたいという人はある程度覚悟し、意思表示をしっかりとする気持ちを忘れずに。

筆者なりの断り方

個人的な断り方について最後にお伝えします。

私は数々のネットワークビジネスの勧誘を受けてきました。

受けてくる中で段々ネットワークビジネスの事がわかってきますので、最初の勧誘の時点でピンとくる場合もありますが、それでもネットワークビジネスの勧誘を受けてきました。

その理由としては、ネットワークビジネスをやっている人がどんな思いでどのようにやっているのか、どんな仕組みなのかに単純に興味があり話を聞いてみたかったからです。

最初の話の後は、説明会に誘われます。

その時にどちらかと言うと筆者は自分の意思表示をしっかりとする方で、

「ネットワークビジネスは私はやりませんが、それでも説明会に誘うのであれば話だけ聞きに行きます。」

としっかりと相手に伝えることにしています。

そしてネットワークビジネスの説明会会場で話を聞くとやっぱり話が上手くてとても勉強になりますし、ネットワークビジネスの仕組みも知ることが出来るので結構面白かったりします。

説明会では面談があることがあります。

その場合には「ネットワークビジネスをやるつもりはありませんが、やらなくても説明会に話を聞きに来て良いと○○さんに言われたので来ました。」とハッキリ伝えています。

ネットワークビジネスをするひとの特徴

実際にAmwayの他にも色々とネットワークビジネスをやっている人を数々見てきましたが、特徴がありました。

それがこんな人達です。

  • 夢を持っている人
  • ビジネス・商売の知識があまり無い人
  • 仕事に不満を持っている人
  • 給与に不満を持っている人

出会った中でビジネスに詳しい人に会うことはほぼありませんでした。

どちらかと言うと夢を目指していて、なおかつ今の仕事に不安・不満を持っている純粋な気持ちを持った人が多かったように思います。

ネットワークビジネスの勧誘では大抵が夢・将来の年金問題・権利収入の話になります。

権利収入を獲得すれば仕事からも開放され夢を目指しやすくなる事は当然のことですから、やはりどうしてもこういう人が勧誘されやすいのだと思います。

Amwayはビジネスの知識がなくても参入しやすい

Amwayもそうですし、その他のネットワークビジネスビジネスは誰でも非常に参入しやすく、基本はチームで動くため組織化され仕組み化されています。

その為、説明がしっかり出来る人が居ます。

ですので、新しく始めたあなたの仕事は毎週、新しい人を1人でも説明会場に連れて行くだけ。

上手く説明してくれて、その人が入会するとあなたのグループの下に付きます。

最初の内はこれを繰り返していくだけですので、特にビジネスの知識も必要ありません。

仮にAmwayを始めるとすると、Amway自体の理解は当然必要ですが、会場に連れてくるだけであれば誰でも即戦力に成りやすいため、商売・ビジネスを全くやったことがない人でも参入が非常に容易なのです。

しかも、あなたが稼げば稼ぐほど上にもメリットがありますので上も協力的。

一般企業ではなかなか無い特殊な組織関係です。

Amway商品がAmazon・ヤフオク・楽天で購入できる?

ちなみにAmway商品を購入するには一般的にはAmwayに入会しなければなりませんがAmazonやヤフオク・楽天ショッピングでも何故か販売されています。

これはPVを伸ばすために買いすぎた商品をAmazonへ出品し販売しているというパターンが多いようです。

ただ、他の商品をヤフオクやAmazonで購入することと同様で、100%正規品かどうかは不明です。

また、年会費を支払い、Amwayメンバーに加入すると使ってみて気に入らない製品は全額返金してもらえるという制度がありますが、通販で購入すると加入していませんし、非正規での購入となりますので返金対象にはなりません。

Amway商品に興味がある方はこちらからAmazonでのAmwayの商品一覧を見ることが出来ます。

結局やるかどうかは全ては自分次第

Amwayについての仕組みと魅力・始める際のリスクについてお伝えしました。

これらを加味した結果やるのであれば当然筆者は否定しませんし、やらないという選択に対しても否定をしません。

興味があって一度説明会に行く方はその場で決めずに後日1人で冷静に考えてみることも重要です。

人生は自分次第ですので、是非自分の望むライフスタイルに合わせた選択を行いましょう。

ただ、重要なことは事実を知ること。

イメージだけでは決して動かないようにしましょう。

 


コメントを残す