植物性乳酸菌ラブレの効果。便秘解消。次の日に快便を実感

2017/04/04

後でじっくり読むならとりあえずシェア↓↓

<この記事の所要時間:約 6 分>

機能性ヨーグルトが話題になり、乳酸菌の効果が話題になっている昨今。

今回、食物性乳酸菌ラブレを試してみました。

そこで実感した効果と、ラブレについて調査した効果を合わせて皆さんにご紹介したいと思います。

機能性ヨーグルトを考えている人、ラブレに興味が有る方はご参考に御覧ください。


植物性乳酸菌ラブレとは

ラブレはカゴメ株式会社が販売している植物性乳酸菌飲料です。

乳酸菌は漬物なのどに含まれている植物性乳酸菌と、牛乳を発酵させて作られる動物性乳酸菌があります。

ラブレは植物性乳酸菌です。

植物性乳酸菌について詳しくはこちら

ラブレ菌は京都の漬物すぐきから生まれた

すぐき漬けは千枚漬けと並ぶ京都の冬の漬物で、かぶの一種です。岸田綱太郎博士が最初の発見者です。

そんなラブレ菌は胃酸など消化液に負けず腸に生きたまま届きやすい植物性乳酸菌です。

植物性乳酸菌ラブレはヨーグルトではない!?

そんなラブレですが、実はこれヨーグルトではありません。

乳酸菌飲料=ヨーグルトの様なイメージがありますが、ヨーグルトには実はWHOが定めた定義があります。

Wikipediaによると

FAOとWHOによって1977年に定められたヨーグルトの厳密な定義によると、「ヨーグルトとは乳及び乳酸菌を原料とし、ブルガリア菌とサーモフィルス菌が大量に存在し、その発酵作用で作られた物」と定められている。日本において乳等省令では「はっ酵乳」のことである。(Wikipedia

皆さんの思われているようにヨーグルトは牛乳など乳製品の事を指します。

しかし、ラブレでは主な原材料としては植物性乳酸菌の他にリンゴ果汁・大豆飲料などが主な原料となります。

こちらがラブレの成分

りんご果汁、大豆飲料、豆乳クリーム、乳製品、しょうが汁、安定剤(増粘多糖類)、香料、酸味料

食品の成分表では多く使用している成分順に書くという決まりがあります。

実際に飲んでみると、ヨーグルトの味というよりは果汁系の味が強いです。

ヨーグルトというよりは植物性乳酸菌飲料ということですね。


植物性乳酸菌ラブレの効果!便秘改善

これまでしっかりと便が出ていました。

その理由としては筆者は数年前から毎日ヨーグルトを飲むという週間が出来ているためです。

ただ、この2、3週間忙しく、つい飲むことを忘れがちに。。。

その影響なのかは不明ですが、若干便秘気味でした。

そこでまた、ヨーグルトをしっかりと飲もうと思っている中で、知人からの情報で、「ラブレが良いらしい」という話を聞いたことがありました。

その話をなんとなく覚えていたので、たまたまスーパーに行った時に見つけたラブレを試しに買ってみたわけです。

そしてラブレを飲んだところ。

3日位まともに出ていなかった便が次の日には快便!でした。

100%ラブレのお陰なのか、たまたまタイミングが重なったかは分かりません。

ただ、ラブレを飲んだ次の日、本当にスッキリしました!

やっぱり、気持ちがいいです。

お腹が一気に軽くなりました。

便秘気味になると肌にも変化が現れますのでそういう意味でも嬉しいですね。

ラブレ菌の効果

そして、その他のラブレ菌の効果としては下記の4つが挙げられます。

  • 整腸作用。お腹のトラブル
  • アレルギーを抑制する効果
  • 肌荒れの改善・美肌の効果
  • 免疫力の向上

整腸作用・お腹のトラブル

ラブレ菌は胃酸などに強く生きたまま腸に届く性質があり、腸に到達すると糖から乳酸を作ります。
これによって悪玉菌を減少させることで整腸作用に繋がるのです。

アレルギーを抑制する効果

腸は人間の身体の中で最大の免疫器官です。免疫細胞の60%以上が集中しています。そして、腸内の善玉菌にはlgA(免疫グロブリンA)を増やす。また、Th1/Th2(ヘルパーT細胞)のバランスを正常化させるという働きがあります。
Th1とTh2でバランスがTh1<Th2となってしまうことで過剰に反応しアレルギー反応を起こしてしまうことが分かっています。
これらのバランスを正常化させるためにも腸内環境を整えることが重要なのです。

肌荒れの改善・美肌効果

肌は内臓の鏡という言葉があるくらいに肌は腸内環境の影響を大きく受けます。その原因は、血液中に腸内の腐敗した物質は流れ出してしまう為です。
これが肌荒れ・吹き出物など肌トラブルとなって現れるのです。
お通じを良くすることが出来るようになるだけでも驚くほど肌が変化していきます。

免疫力の向上

先程も述べたとおり、免疫細胞の60%以上を小腸が司っています。その為、腸内環境を改善することはイコール免疫力の向上に繋がるのです。腸内環境の良し悪しは腸内フローラ(善玉菌と悪玉菌と日和見菌の比率)によって決まります。日頃から乳酸菌を身体に取り入れることが善玉菌を増やすことに繋がります。

このようにラブレ菌には様々な効果があると言われており、そんなラブレ菌が使われているのが、植物性乳酸菌飲料 ラブレなのです。

また、ラブレにはドリンクの他に、サプリメントなどもあります。

ラブレの効果的な飲み方と本数

そんなラブレですが、筆者が効果を体感しやすかった飲み方(飲むタイミング)が2つあります。

1)朝起きてから

2)夜寝る前

朝起きてから飲むと夕方〜夜ごろにトイレに行きたくなることが多かったです。また、よる寝る前に飲むことで次の日の朝にトイレに行きたくなることがありました。

個人的にはこの2パターンのどちらかがお勧めです。ただ、ラブレ商品自体に飲み方等の指定はありませんので、ご自身の好きなタイミングで飲めば問題はないかと思います。

1日の本数

1日何本飲むかと疑問に感じている方も多いようです。筆者は1日に1本を飲んでいましたが、2本飲んでも基本的には薬とは違いますから問題はありません。実際に1日2本飲んだ事もありますが、効果的には特に変化は感じませんでした。

ご自身の用途に合わせてラブレ菌に興味が有る方は是非一度試してみてはいかがでしょうか?

宜しければいいねご協力お願いします↓↓


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です