LOGICOOL ウェブカム C930eを買って使ってみたレビュー

<この記事の所要時間:約 4 分>

ユーチューバーの登場やゲーム配信などが盛んになってきたことでWEBカメラの需要も増えています。WEBカメラ系で最も有名なメーカーと言えばLogicool(ロジクール)ですね。

今回は、このロジクールのWEBカメラの中でも有名で人気なLOGICOOL ウェブカム C930eを実際に購入して使ってみましたので、検討中の方はご参考にされてみて下さい。


LOGICOOL ウェブカム C930eの概要

LOGICOOL ウェブカム C930eはビジネスグレードの認定を受けており、WEB会議などビジネスシーンにおいて利便性を追求したスペックを搭載しています。

鮮明な映像に定評があり、ユーチューバーなど多様なシーンで活用されている非常に人気のWEBカメラです。

ブランド ロジクール
レンズ カールツァイスレンズ
保証期間 3年間
メーカー型番 C930e
カラー ブラック
解像度 1920X1080
Amazon最安値 16,500円

視野角

90度

画質

1080p HD

情報参照:Amazon

カールツァイスレンズとは

ドイツの機械技術者カール・フリードリヒ・ツァイスが創立者の光学機器製造会社です。もとは顕微鏡製造を行い、大学の研究室などで高い評価を受ける。様々な小を受賞し、20世紀初頭から第二次世界大戦までの期間、カール・ツァイスは世界の最先端光学機器会社となっていました。

顕微鏡・眼鏡レンズ・プラネタリウムなどの技術的進歩に貢献しました。その後、カメラのレンズなどの製造を行うことと成り、プロの撮影現場で使用するカメラ・ビデオカメラのレンズとして使われています。(情報参照:Wikipedia


LOGICOOL ウェブカム C930eを買ってみた

それでは実際にAmazonでLOGICOOL ウェブカム C930eを購入してみましたので開封の儀・レビューを行いたいと思います。

Amazonプライムですので、注文した次の日に届きました。

これが開封した第一段階。説明資料です。

説明書の下にはカメラが。

取り出してみた。

付属品として外部プライバシー シャッターが付いています。

裏側には三脚の雲台に取り付けるためのネジ穴があります。

カメラを接続し、PCで設定すればすぐに使用可能になります。

こちらからはC930eの専用のソフトウェアがダウンロード可能です。

C930eの画質とマイクについてレビュー

私の場合は、WEB会議用に購入したのですが、Skype会議で実際に使ってみると非常に鮮明で、なんの問題もなく使用することが出来ました。

画質面でのマイナス点については個人的には全く感じませんでした。

また、オートフォーカスですので、近づいても離れても勝手にピント調整してくれ抜群のピントで鮮明に見ることが出来ます

C930eに搭載マイクについて

WEB会議用で購入したのですが、C930eにはマイクが付いています。周囲に雑音がなく、近づいていれば音質にはなんの問題もありませんが、WEB会議などのシーンでは、カメラから離れている人もでてきます。

そのような場合、遠い人の声があまり集音できず、響いた感じの声になってしまいますので、注意が必要です。WEB会議で使用する場合は、別途WEB会議用のマイクを購入する必要がありそうです。

総合評価。オススメの利用シーン

これらの理由から考えられるC930eでオススメの利用シーンは

1人に対してカメラ1台のWEB会議

ユーチューバー向けの収録用

ゲーム配信時や生放送用

これらのシーンで使用する際は、非常に良いWEBカメラとして性能を発揮してくれそうです。また、カメラ1台に対して、複数人どうして行う会議の場合は、会議用マイクを使用すれば問題なく利用出来ます。

逆に、向かないシーンでは、C930eは視野が90度ですので、90度を超えるような広い場所で活用する場合は避けたほうが良さそうです。

ぜひ、利用シーンに合わせて有効活用してみて下さい。個人的には買ってデメリットはほぼ感じませんでした。お勧めです。

 

 


コメントを残す