ドキュメンタル シーズン2の感想と出演者別の名場面を画像で紹介

2017/06/03

<この記事の所要時間:約 4 分>

Amazonプライム会員限定で配信されている松本人志プレゼンツバラエティ番組【ドキュメンタル】のシーズン2が公開され未だに大きな話題となっています。

シーズン3は今年の夏頃に公開予定だそうです。

今回はそんなドキュメンタルのシーズン2の名場面を画像だけでご紹介したいと思います。

下記でご紹介する画像を見ただけで、なんとなく面白さは感じて頂けるかと思いますが、ストーリーを見ながら流れを知ると5倍面白くなる画像をご紹介していきます。

これからドキュメンタルを見ようと思っている方、Amazonプライムを検討されている方の参考になればと思っています。

【注意】このドキュメンタルはネット会員限定に配信されているものなので、表現的にはテレビよりかなり過激なものになっています。わかりやすく言いますと、”汚い映像が苦手な方”にはあまりオススメ出来ません(笑)なのでどちらかと言えば男性向きです。

ドキュメンタルとは

ドキュメンタルはAmazonプライム会員限定に配信されている松本人志プレゼンツのバラエティ動画です。

ドキュメンタルのルール

制限時間6時間の中で周りのメンバーを笑わせ残った1人が優勝

イエローカード→オレンジカード→レッドカードという順番でアウトになります。計3回笑ったらアウト。退場となる。

シーズン2からポイント制を設け6時間で最後の1人が選ばれない場合はより多くの人を笑わせた人がポイントで勝敗が決定する。

ドキュメンタルシーズン2のメンバー

今回のメンバーはシーズン1よりも豪華メンバーが揃っています。

メンバーを見ただけでもう面白い。

<ドキュメンタルシーズン2参加メンバー>

ジミー大西
FUJIWARA藤本
宮川大輔
バナナマン日村
アンジャッシュ児嶋
バイキング小峠
森三中大島
平成ノブシコブシ吉村
ダイアン津田
ジャングルポケット斎藤

もう面白いですね。

ジミーちゃん出てる時点で面白いですが、筆者的に大好きな宮川大輔さんとバイキング小峠さんが出ているのも嬉しい。

それでは1名ずつ名場面を、詳細な解説無しの画像のみでご紹介したいと思います。

ジミー大西

ジミーちゃんは今回もかなり笑わせてもらいました。独特の表現が個人的にツボです。それと、かなり過激な衣装も見逃せません。綺麗ではありません(笑)

 

FUJIWARA藤本

かなり笑いをこらえているシーンが多かったのが藤本さん。笑いこらえるのめちゃくちゃ上手いのと、かなりガツガツ最初から攻めて行っている印象でした。

宮川大輔

個人的に大好きな芸人さんの1人。攻めもありましたが、笑いをこらえるシーンがかなりツボです。

バナナマン日村

1つ1つがかなり面白かったですが、攻めというよりはサポート補助的な感じで笑いにつなげていた様な印象でした。

アンジャッシュ児嶋

児嶋さんも序盤かなり攻めていて面白かったです。独特のツッコミがやはりツボです。

バイキング小峠

小峠は今回かなり爆発しました。面白かったですし、手数もかなり多かったです。攻めに攻めという印象でした。

森三中 大島

女性という立場を活かしたネタが満載です。女性である前に芸人であるという想いがこのドキュメンタルの攻めから伝わってきます。

平成ノブシコブシ吉村

ジャングルポケット斎藤さんとキャラが若干被っている感が有ります(笑)

ダイアン津田

ダイアン津田さんの巧妙な攻めはかなりレベル高いです。名場面が生まれました。(笑)

ジャングルポケット斎藤

今回参加しているメンバーの中でも若手ですが、まさかのキーマンです。シーズン2はジャングルポケット斎藤さんの存在によって波乱が起きます!

松本人志が語ったドキュメンタルシーズン2

今回のドキュメンタル2では最後に、松本人志はこのように語っています。

「芸人の本当に追い込まれた時の爆発力は本当に凄い。こういうのが見たかった。」

それほどこのドキュメンタルシーズン2は凄い物がありました。

特に最後の死闘はお笑い好きな方はぜひ見てもらいたい。松本人志さんのこの言葉の通りです。

Amazonプライム申し込みはこちら

次回のドキュメンタルシーズン3は夏頃を予定しているそうです。

本当に楽しみですね。

また、ドキュメンタルだけにとどまらず、プライム会員は数千本のビデオの中から無料で好きな時に好きなだけ視聴することが出来ますので映画好きの方にもお勧めです。

 


コメントを残す