【第3の目】松果体 覚醒をピップエレキバンで2ヶ月間試みてみた

後でじっくり読むならとりあえずシェア↓↓

<この記事の所要時間:約 8 分>

松果体をご存知でしょうか?

松果体とは第3の目(サードアイ)とも言われ、覚醒すると、「超能力を授かる」「幽霊が見えるようになる」など都市伝説・オカルトファンの中では有名。

今の人類は、この松果体が退化し石灰化してしまっている為、一部のオカルトファンはこの松果体の覚醒させようと試みているようです。

今回、実は私もこの松果体の覚醒を目指して2ヶ月間取り組んでみました。

その際の方法や、症状を今回まとめてました。

また、何故私が2ヶ月間で覚醒を諦めたのかも綴っています。

これだけはお伝えしておきたいのですが、この方法は、絶対に真似しないように。真似をして、何が起きても一切責任を追うことはできませんので、下記は自己責任で拝読下さい。

 


松果体・第3の目とは

松果体とは第3の目などと言われ、開眼・覚醒させると、

  • 霊が見える
  • 超能力が授かる

などと噂されている、オカルトファンが注目する脳の器官の名称です。

 

松果体の役割

ちなみに、実際に脳の深部に実在する器官で、働きもあります。

Wikipediaではこのように書かれています。

脳内の中央、2つの大脳半球の間に位置し、間脳の一部である2つの視床体が結合する溝にはさみ込まれている。概日リズムを調節するホルモン、メラトニンを分泌することで知られる。(Wikipedia)

大きさは赤灰色でグリーンピース(ヒトで8 mm)程のサイズです。

ホルモンやメラトニンを調整する他、概日リズム(がいじつリズム)にも関係しています。

概日リズムとは簡単に言うと体内時計の事です。

脳の深部、ほぼ中央に位置する松果体は私達が生きていく上でも必要な器官です。

 


松果体の石灰化はフッ素が原因?

松果体の石灰化には生活習慣が原因、進化の過程で石灰化してしまうなど、諸説あるのですが、実はフッ素が原因ではないかと研究が行われています。

フッ素と聞くと歯磨き粉ですよね。

歯医者などではフッ素塗布等もあります。

それだけではなく、食品などでも微量にフッ素が含まれており、体内に入ると、松果体に沈着し石灰化に影響しているのではと言われています。

 

松果体が石灰化する年齢

松果体が石灰化する年齢は、18歳前後の若年成人でもよく見られるようですが、2歳など幼児でも石灰化が見られることもあるようです。

ちなみに松果体が石灰化すると、脳をX線撮影すると白く映ります。

アメリカ人の17歳の平均石灰化率は約40%とも言われています。

 

松果体の石灰化を防ぐ食生活

私達の日常生活の中では松果体を石灰化させる原因が多数存在し、その全てを対策することは難しいですが、少しでもその原因を減らすことが大切です。

 

ハロゲン化合物を摂取しない

ハロゲン化合物とはフッ素や塩素などの物質の事です。

食生活から取り除く事が必要です。

また、歯磨きもフッ素の含まれていない歯磨き粉へ変える。

 

カルシウム

炭酸カルシウムなどの人工物ではなく、自然な食材に含まれるカルシウムを摂るようにしましょう。

例えば、ゴマやほうれん草などです。

 

農薬

現在使用されている農薬の中で約30%がフッ素系農薬と言われています。

極力農薬が使用された野菜は食べない

 

緑茶や缶詰等を避ける

緑茶や紅茶などもフッ素の濃度は高いようです。

その他にも加工肉、缶詰なども骨を抜く、機械で詰めていくなど、工業的処理をする食品はフッ素が含まれていることがあるようです。

 

松果体を覚醒させるとは

松果体は現時点でも既に、脳の器官としても働いていますが、本来、松果体は超能力や第三の目としての役割も果たしていたと考えられているのです。

一部のオカルトファンはこの松果体を覚醒させる為に、あの手この手で試行錯誤しています。

 

ピップエレキバンを使った松果体の活性化方法

松果体覚醒の為に松果体を活性化させる方法は、いくつかあるようですが、今回私が取組んだ方法はピップエレキバンを使った松果体の活性化方法です。

 

ピップエレキバンで松果体を活性化出来る?

ネット上で松果体の活性化の事を調べていると、なんでも、眉間にピップエレキバンを貼って生活すると、磁気の力で松果体の活性化が出来るそうです。

こんな情報を目にした私は、その手軽さから、取り組んでみようと思いました。

 

用意するもの

ピップエレキバンmax200

張替えシール

これだけです。

非常に手軽にできます。

 

ピップエレキバンを使った松果体活性化の方法

この方法は非常に簡単で、ピップエレキバンを1枚、眉間に貼り付けるだけです。

特に、貼り付ける時間も決まっておらず、いつでも貼り付けられます。

また、私の場合、ピップエレキバンを貼り付けるだけではなく、YouTubeで松果体活性化の音声がありましたので、その音声を部屋の中で垂れ流しにしたり、寝る際に、再生したまま寝たりしていました。

例えばこのような音声です。

 

活性化に取り組む時間

松果体の活性化の方法としては、眉間に1枚貼るだけなのですが、貼ったまま外出するわけには行きませんので、主に、自宅に居る時、寝る時のみ眉間に貼っていました。

時間換算すると毎日9時間前後くらい貼り付けていました。

 

松果体の活性化に取組んだ結果 感じた変化

それでは実際に私がピップエレキバンを使った松果体の開発に取組んで実感した変化の全記録をご紹介致します。

 

松果体活性化1日目

初めてピップエレキバンを貼って寝た次の日ですが、お酒を飲んでピップエレキバンを貼って寝ました。

次の日の朝、なんとなくですが、目線が落ち着かないと言うか自分がキビキビしている様な、言葉では言い表せない感覚がありました。ちなみに、悪いという感覚ではありませんでした。

 

松果体活性化7日目

初日にそれを感じて2、3日間はその様な症状を寝起きのときにだけ感じていたのですが、1週間もするとだんだんなれてきて、それが普通なのかな?気のせい?と思うようになりました。

 

松果体活性化14日目

約2週間後ですが、ピップエレキバンを貼るときと、貼らないこれまでとで、受ける変化が、かなり微量過ぎて、ただの自分の勘違いなのか、活性化の影響なのか、ずーっと分からない状態が続いていました。

特に日常生活には、支障もありませんし、気のせいで納得させようと思えば出来る。というレベル。

 

松果体活性化20日目

松果体の活性化を始めて3週間以上経過しましたが、依然として、1日目の時と症状はずっと変わらず、という状況が続きました。

この時からだんだんと、「これ、何も変わらないんじゃね?」と思うようになり、「もう、やめようか」と何回か思いました。

 

松果体活性化1ヶ月目

松果体開発から1ヶ月間継続しました。ある時、会社に行くと、そう言えば、最近自分に落ち着きがないな。と思うように。

挙動不審とまではいきませんが、なんとなく、視線が落ち着かないというか、、、言葉で表現しづらいですが。。。

ここまでは、さほど大げさに考えていませんでした。

 

松果体活性化40日目

しかし、松果体開発が40日目位に差し掛かったところで、自分が以前の自分と比べて明らかに回りの物が気になるようになっていることに気づきました。

特に、見えるか見えないかの視界のギリギリの両端。

なんというか、視界ギリギリのところが何か動いた気がして、パッと横を見ると、ただの棚や物だったり。。。

そんな事がかなり増えていました。

 

松果体活性化 約2ヶ月目

そんな状態がずっと続いていて、それでも気のせい?で済ませようとしていたのですが、やはり、明らかに以前の自分と比べると、挙動不審というべきか、かなり敏感な状態になっていました。

特に、視界ギリギリで起きる事に敏感でした。

そして、「これ以上継続すると色々マズイ事になりそう」と判断したため、辞めました。

 

松果体活性化を辞めて今思うこと

現在、松果体の活性化を辞めて1週間程になりますが、もうかなり、元の状態に戻ってきています。

正直、やめた現在を考えると、当時、間違いなく、自分が物音や物の動きにかなり敏感になっていたと断言できます。

あの時は、絶対に、敏感になっていました。間違いありません。

 

継続していたら

松果体活性化に取組んだ私だから言えることですが、おそらく、あのまま続けていたら、もしかすると霊が見えるようになっていたかもしれません。

それくらいに、敏感になっていました。

また、霊が見えるという特徴の人は、神経質だったり、敏感な人が多いという話を聞いたことがあります。

それを考えると、私も当時、その状態に近かったのではないかと思います。

死角で少し、何かが動いたと感じただけで、敏感に反応していましたから。

霊が見えるようになっていた可能性と同時に、霊ではない物を、何か見えたように勘違いしてしまう可能性も有り得るなと思います。

 

以上、私の松果体活性化に取組んだ2ヶ月の記録でした。

 

そもそもピップエレキバンは首から上には付けてはいけない

ちなみにピップエレキバンは使用方法として、首から上に貼り付けることは禁止しています。

そもそもが、正しい使用方法ではありませんので、いかなる場合でも自己責任にてお願い致します。

真似はしないでね。

宜しければいいねご協力お願いします↓↓


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です