激辛!自家製ラー油のレシピ 食べるラー油を自作してみた

<この記事の所要時間:約 4 分>

今回は、酔っ払った勢いで、深夜に自家製ラー油を作ってみました。

本当に美味しいラー油ができます。

辛さも自分好みに調整できますし、食べるラー油を簡単に作る事ができますので、是非皆さん実践してみてください。


自家製ラー油の材料

<準備する材料>

ごま油200mg

一味唐辛子 自分好みに

ニンニク2かけ

ショウガ1かけ

玉ねぎ1/4個

準備する食材はたったこれだけです。

簡単そうでしょ?


激辛!自家製ラー油のレシピ

それでは作り方をご紹介していきます。

1、玉ねぎをみじん切りに

用意した玉ねぎ1/4をみじん切りにしましょう。

 

2、ニンニク・ショウガをすりおろす

ニンニク2かけとショウガ1かけをすりおろしましょう。

ニンニクは皮を剥きます。

ショウガも皮を向いてすりおろしましょう

ココまでできたら下ごしらえは完了!

 

3、ごま油と玉ねぎを炒める

次に用意したごま油200gを鍋に入れます。

ごま油が温まってきたらみじん切りにした1/4の玉ねぎも鍋へ投入

焦がさないよう中火で炒めます。

玉ねぎが薄く茶色になってきたらOK

 

4、すりおろしたニンニクとショウガを鍋に投入

この時、若干玉ねぎの香ばしい香りがしていても大丈夫です。

焦げていなければ。

ニンニク・ショウガを一気に投入しましょう。

5、一味唐辛子を投入!激辛にするため唐辛子パウダーを

一味唐辛子をたっぷり入れました。

更に、激辛ラー油にしたかったので一味唐辛子だけではなく、唐辛子パウダーもたっぷり入れました。

 

※加熱すると辛味が飛ぶので、激辛ラー油を作りたければ一味唐辛子だけではなく、この唐辛子パウダーなど、一味唐辛子より辛い物を入れることをおすすめします。

 

6、鍋でじっくりグツグツ煮る

あとは1〜2分程度グツグツ煮ると完成です。

※玉ねぎやニンニクなどが鍋の中で焦げない程度に煮てください。焦げて焦げの風味が混じると不味くなります。

これにて完成!

 

あとは、ビンなど保存できる容器に移し替えて、普段の料理に使用しましょう。

 

 

辛そうで辛い食べるラー油

ラー油ですが、具材もそこそこ多いので、食べるラー油的なラー油になります。

以前、桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油が流行りましたよね。

 

イメージ的には、今回のレシピで出来るラー油は辛そうで辛いラー油です。

結構辛めに作りました。

 

辛いラー油が食べたい方にはオススメです。

 

クレイジーソルトの鳥炒めにかけてみた

最近、今更ですが、クレイジーソルトにハマっておりまして、今回、自家製ラー油を作ってみたので、クレイジーソルトで焼いた鳥肉にかけてみました。

それがこちら

 

見た目的にも、ラー油の具材多そうに見えると思います。

このクレイジーソルト鳥+自家製ラー油

めちゃくちゃ美味しいです!

 

是非実践して欲しい一品です。

クレイジーソルト

鶏肉(もも or 胸)

ネギ

だけでできます。

 

ラー油にはニンニクは勿論ですが、ショウガも混ざっていて、ショウガの香りも効くので、かけるだけで奥深い味になります。

是非おすすめです。実践してみてください。

 

【合わせて読みたい】


コメントを残す