「見かけで判断するな!」はキレイ事?光背効果とは。人は見た目で判断している

<この記事の所要時間:約 4 分>

「見た目で判断するな!中身が大切」と

言いますが、心理学では人はやはり

他人を評価する時に見た目は

考慮されてしまうようです。

私たちは本当は心の何処かで

外見を重視しているのです。

今回は、そんな見た目で

判断する事を心理学的に

解説したいと思います。

 


人を見た目で判断することを光背効果と言う

外見が魅力的な人は中身まで

魅力的なのではないか、

人間的に優れている人なのでは

ないかと錯覚します。

逆に、外見の印象があまり良くないと、

外見だけではなく中身まで、

あまり良くないのではないかと

感じたことがある人も多いと思います。

心理学では、このような、

見た目が良いから印象が

良く映る事を【光背効果】といいます。

その他には、後光効果やハロー効果と

言われ、仏像の後光から来ています。

後光があり、見栄えが良くなると

仏像はさらに美しく立派に見えますよね。

 


高身長男性の方が好印象

 

男性の場合は、見た目の印象に

身長も重要視される傾向があるようです。

アメリカ大統領選の例

アメリカでの調査結果に

興味深いものがあります。

1900年以降の

アメリカ大統領選挙では

民主党・共和党では二人の内、

ほぼ全ての選挙が背の高いほうが

選挙で勝っているという

結果となっています。

男性の面接の例

就職書類選考での実験では、

書類上ではほとんど能力の

変わらない男性二人のうち、

1人を選ぶ場合、

殆どが身長の高い男性を

選んだそうです。

この結果から身長が高い方が、

男性は周りからの印象だけではなく、

能力的にも高いと感じられやすい

傾向があるようです。

 

中身が重要だとしても見た目には気を使うべき

日本では、昔から外見だけで判断するな。

と言われますが、実際ほとんどの人が

キレイ事抜きに第一印象は外見で

判断します。

また、「中身を見ろ!」という人でも

無意識の内に日常生活の中で

外見で判断している場合は

多々あるのではないでしょうか。

だからこそ、「中身・人間力」に

こだわることは当然大切ですが、

これは、キレイ事抜きに心理学的に

光背効果があることを考えると、

更にプラスアルファで外見にも気を

使いこだわることは大切だと言えます。

出来る営業マンほど見た目に気を使っている

営業の世界では、

自分の印象を高めるため、

出来る営業マンほど

見た目に気を使っています。

  • 良いスーツ
  • ヘアスタイル
  • 眉毛
  • スキンケア
  • 持ち物へのこだわり
  • 靴下

自分の所持品や身につけるものに

こだわりを持つ人が多い

傾向があるようです。

何故見た目で中身も良い印象になるのか考察

何故見た目が良ければ中身も良い

という印象になるのかを

考察してみました。

これは、可能性で考えると

納得できるかなと思います。

それが、見た目が良い人と、

見た目が良くない人では、

可能性として、見た目が

良い人の方が人間的に

優れているという可能性の方が

高いからではないでしょうか。

逆に言うと、人間的に優れている

人であれば、見た目にも気を

使っている可能性が高いのでは

ないかと思います。

あくまでも可能性です。

身なりを整える事は相手への気遣いでもある

見た目を良くするという事は、

自分の印象を高めるという事は

もちろんですが、それよりも

相手への気遣いという

事につながってきます。

相手を不快にさせないために

自分の身なりを整える

と言う人も多いハズ。

相手の気持ちを考えての行動です。

だからこそ、見た目が良い人は

人間的にも中身も

良い”可能性”が高い。

それを、過去の人生の学習から

無意識に学び、それが、

人を選ぶ時見た目の印象で

無意識に選んでしまう事に

つながっているのではと考察しました。

あくまでも個人的な意見です。

 

 


コメントを残す