意識高い系必見「25歳になるまでに見るべき映画25本」を米サイトBuzzfeedが発表

2016/07/31

<この記事の所要時間:約 3 分>

米サイトBuzzfeedが「25歳になるまでに見るべき映画25本」を発表したようです。

個人的にはこれを見たとしてもすぐに変わるとは思えませんww

筆者、小学校時代から木曜洋画劇場・金曜ロードショー・土曜洋画劇場・日曜洋画劇場全てをほぼ毎週見るほどのテレビっ子・映画っ子でしたが、実際見てどうこうなったという事はありませんでしたw

確かに、いい映画を見た時、「明日から変わろう」「明日から頑張ろう」「今日から変わるぞ!」と思ってその一時的な影響はありますが、大抵三日坊主ですww

それは多くの人がそうだと思いますし、そんな経験が皆さんにもあると思います。

本当に映画1本で変わることが出来る人は確かにいるでしょうが、それは少数でしょう。

がしかし、こういうことに感化されて興味を持つ。

興味本位でも良いので実際にその25本を見てみるという行動自体は大切なことだと思います。

その時に「明日から変わろう!」と一時的にでも思えばそれでいいと思います。

ということで意識高い系のみなさんも、そうでないみなさんも是非どれか1つでも気になる映画が有ればぜひTSUTAYAでレンタルしてご覧下さい^^

映画的にはかなり名作ばかりだと思うので、映画好きの方でも単純に楽しめるラインナップだと思います。

僕も個人的に見たことがない映画も結構多い!特に80年代以降の映画など。。。

※TSUTAYAのステマではありませんw

米サイトBuzzfeed選出!「25歳になるまでに見るべき映画25本」

lgf01a201410142200
▽「あの頃ペニー・レインと」(2000)
▽「トレインスポッティング」(1996)
▽「フープ・ドリームス」(1994)
▽「ブレックファスト・クラブ」(1985)
▽「わたしはロランス」(2012)
▽「(500)日のサマー」(2009)
▽「ペルセポリス」(2007)
▽「アウトサイダー」(1983)
▽「北北西に進路を取れ」(1959)
▽「All the Real Girls(原題)」(2003)
▽「イヴの総て」(1950)
▽「ライフ・イズ・ビューティフル」(1997)
▽「レクイエム・フォー・ドリーム」(2000)
▽「ヘザース ベロニカの熱い日」(1989)
▽「I AM/アイ・アム 世界を変える力」(2011)
▽「潜水服は蝶の夢を見る」(2007)
▽「ツリー・オブ・ライフ」(2011)
▽「ザ・ウィメン」(1939/日本劇場未公開)
▽「ミーン・ガールズ」(2004)
▽「プリンセス・ブライド・ストーリー」(1987)
▽「パンチドランク・ラブ」(2002)
▽「スターシップ・トゥルーパーズ」(1997)
▽「アイアン・ジャイアント」(1999)
▽「プールサイド・デイズ」(2013)
▽「ビッグ・リボウスキ」(1998)

およびすべてのコーエン兄弟の映画

 

何故スターシップ・トゥルーパーズがこの中に入っているのかは謎www

SF映画なのだが、そんな学び有る映画だっただろうか?w

別に25歳までに見なくてもいい気がする・・・w

それなら、アルマゲドンとかもっと他にあったと思うw

これは選出者の趣向が感じられてちょっと笑ってしまったw

それと、ショーシャンクの空にが入ってないのもちょっとだけ個人的には意外でした。

まあ何はともあれ、こういうこと言ってるとキリ無いので、

ということで是非皆さん御覧くださいー!w

ピックアップ
東京が1位!世界で最も治安の良い国・都市ランキング(2015年度版)