人生を変えるオススメの一冊。人気の自己啓発本10選

<この記事の所要時間:約 7 分>

自己啓発本を読んだことがありますか?

自己啓発本というと、よく言われるのが、一時的にテンションが上がるだけ。

読んだときはやる気になるが、時間が経つと結局忘れる。

確かにそれも一理ありますが、筆者個人的には、

本を読むことは、知らず知らずの内に自分の身になっているものだと思っています。

意味がない様に思えて実は意味をなしていると思っています。

今回は、そんな人生を変える様なオススメの一冊をご紹介したいと思います。

自己啓発本を読んでみたいと思っている方は是非ご参考にされてみて下さい。

※書籍の口コミやレビュー・評価はAmazonのリンクから御覧ください。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

この本は多くの方に読まれた有名な書籍です。

日本では最も有名な哲学者と言っても過言ではないアドラーの考え、哲学が詰まった1冊です。

人間の悩みは、すべて対人関係の悩みであるという点にスポットを当て、トラウマや劣等感を実は良いものであるという切り口で、勇気を与えてくれる内容が書かれています。

良好な対人関係を構築するためのエッセンスが沢山詰まった、学びの多い書籍です。

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

物事を合理的に理解することで、具体的な方法で問題を解決していくという、ブッダの考え方を元に書かれた書籍です。

全ての苦しみは自分が「反応する」事から始まっているという点を切り口に、物事に無駄に反応しないための方法、考え方が記されています。

反応するとはどういうことか、何故それが苦しみになるのか、原始仏典を紐解きながら学んでいける1冊です。

借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ

宇宙の法則・スピリチュアルという若干怪しいエッセンスが盛り込まれた書籍ですが。

しかし、内容は、2000万円の借金を背負ってしまった男の実体験に基づいた物語となっており、非常にわかりやすく読み進めていく内に、のめり込むという方が多い1冊。

口ぐせを変えることで運命・人生が変わっていく事を実話で作られた驚きの物語です。

宇宙の法則などスピリチュアル的な事が苦手な方、ちょっと抵抗が有る方、また、よりしっかりと理解したい方に人気の1冊です。

自分の時間を取り戻そう

社会派ブロガーが、仕事・家事など多忙な日々を過ごしている方へ送るメッセージです。

多くの人が、当たり前に思っている忙しい日々、仕事、家事。

そんな当たり前に疑問を投げかけ、もっと別の考え方が有るのではないか。

また、今の社会で急速に進みつつある変化、その本質にスポットを当てた考え方によって、今まで当たり前に思っていたことが実はどんどん変化してきている事を教えてくれる1冊です。

今の時代の流れ、これからどのような世の中になっていくのか。

それらを踏まえて自分自身はどう生きていくべきなのか。

自分の人生をどうすれば謳歌できるのか。

そんなヒントが得られる1冊です。

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

たちまち17万部突破し、空前のベストセラーで世界で有名になっている1冊が日本で出版されました。

新聞・テレビなど様々なメディアで取り上げられた今最も話題の最新の自己啓発本といえるでしょう。

ハーバード大学・オックスフォード大学・マッキンゼー(外資系コンサルティング会社)の心理学者が人生で重要な事を教えてくれます。

エリート学者・オリンピック選手・ビジネス成功者の共通点は才能やIQではなく”やり抜く力”であるという点を切り口に、

如何にやり抜く力が重要か?

やり抜く力を伸ばすには?

やり抜く力はどんな環境で強くなるのか?

どのような育て方をすればやり抜く力が付いた子供になるのか?

などを紐解いて解説してくれる1冊です。

人生で最も重要な”やり抜く”を詳しく知り、養うにはどうすれば良いのか。気になる方にオススメです。

まんがでわかる 7つの習慣

もう自己啓発本に関心の有る方なら多くの方が、ご存知かと思います。

スティーブン・R・コヴィーによって書かれた7つの習慣を漫画化した書籍です。

バーテンダーを目指して修行を始めた主人公が学び、スキルアップしていく中で生き方、考え方を少しずつ変えていったのが7つの習慣でした。

7つの習慣とは習慣という物が如何に重要かを説明した上で、どのような習慣を意識するかによって成功をつかめるかどうかが決まり、人間性や人生が大きく変わるのかを示した考え方です。

小説が苦手な方でもマンガ形式なので簡単に読み進め理解することが出来る1冊です。

夢をかなえるゾウ

こちらは映画化もされた書籍です。

ダメダメなサラリーマンの元に突然現れた関西弁のゾウの神様「ガネーシャ」

サラリーマンはガネーシャの教えの元、靴を磨く、コンビニで募金するなど小さな取り組みから初めていき、最終的には仕事で成功をつかむ事ができるという物語です。

物語を読み進めていくことで、人生の成功をつかむために何が重要なのか。

本質は何なのか。

そんな永遠の疑問のヒントを得ることができる1冊です。

物語形式でスラスラと読み進めていくことが出来ます。

道をひらく

松下グループ創業者で、経営の神様と称される松下幸之助の考え・エッセイをまとめた1冊です。

世の中の貧しさを無くすことを信念・使命であると考え企業経営を行ってきた松下幸之助の考えが沢山詰まった学生などにも読んでもらいたい書籍。

発刊は昭和43年ですが、現在までで400万部越え。

未だに多くの方に親しまれており、Amazonでもベストセラーとなっている。

道に迷った時・自身を失った時・ワンステップ向上したい人などに人気の書籍です。

伝え方が9割

ビジネスの商談において、日常生活で友人に頼み事をする時、好きな人をデートに誘う時。全ては伝え方によって相手の反応が変わります。

伝え方1つで人生が成功するか、失敗するかという場合もときにはあります。

そんな伝え方の重要性を踏まえた上で、どのような言い回し、伝え方、話し方をすれば相手から良い反応を貰えるのか。

そんなエッセンスを学べる1冊です。

プライベートを円滑にしたい、ビジネスで成功したい。恋人が欲しい。そんな方にオススメの書籍です。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

多くの方がご存知かもしれません。

日本ではお金の勉強は自らが興味を持ち学ばない限り学ぶキッカケがありません。

しかし、お金の知識は社会を生きていく上で非常に重要な知識です。

金持ち父さん 貧乏父さんでは、如何にお金の勉強が重要かを踏まえた上で、どのようにお金と向き合い、幸せな人生を築いていくのか。

投資とはどのようなものか。を学べる1冊です。

投資に興味が有る方はもちろんですが、お金の知識を身に着けいたいという方にもオススメの書籍です。

自己啓発本で一瞬でもテンションをあげよう

以上がオススメの人気の自己啓発本です。

読んだことがある書籍も有ったかと思いますが、まだ未読の作品は是非一度読んでみて下さい。

一時的に自己啓発本を読んでテンションが上がるだけでも良いと思います。

読めば新しい人の知識や考え方を知ることが出来ます。

読んでどうあっても、読書はとても良いですし、新しい情報を身につけることにデメリットは殆どありません。

是非、おすすめですので興味がある書籍が有れば読んでみてください。