禁酒ダイエット2ヶ月目の効果。禁酒ダイエットで効果が出る理由

2016/10/18

<この記事の所要時間:約 5 分>

禁酒ダイエットを始めてからお酒を飲まないということにかなり慣れてきました。

ちょうど2ヶ月目になりますので現状を報告したいと思います。

前回の禁酒ダイエット記事はこちら

取り組んでいる禁酒ダイエット方法

実際に私が取り組んでいる禁酒ダイエットはいわゆる禁酒・断酒のように一切お酒を飲まない禁酒ダイエットではありません。

ルール決めをしてお酒を飲むようにしています。

そのルールとは、飲み会や仕事付合い以外の、自宅での一人酒を辞める。

という禁酒ダイエットです。

実際、社会人の方にとってお酒は1つのコミュニケーションツール。

仕事の一環となることもありますので、一切お酒を飲まない。という事は実際には難しい。

その為、飲み会の時は普通に飲むが、自宅では一切飲まないという禁酒のルール決めをしました。

ただ、実際に自宅での一人酒をやめると、飲酒の頻度は激減しました。

禁酒ダイエット2ヶ月目の効果

禁酒ダイエット

早速ですが、実際の2ヶ月目の効果を紹介します。

体重がマイナス2kg(始めた頃の体重は70kg)

現在の体重は68kgです!

日によって若干変動がありますが、最大で禁酒ダイエットを始めた時より2.5kg減っていた時もあります。

食事制限は一切なし!

この禁酒ダイエットを行うにあたり、食事制限は一切行っておりません。

ただ、単純に自宅での一人酒を辞めただけです。

それで、2ヶ月で2kgですから、かなりの効果を実際に感じています。

ウエストと顔に変化が

体重が2kg減ると外見も変わってくるんだなと実感しています。

ウエストの皮下脂肪が明らかに減りました。

間違いなく脂肪が薄くなっています。

また、顔の頬の肉が減ってきました。

禁酒ダイエットを始める前は丸くむくむように張っていた頬も現在では徐々にシュッと細くなってきているのを実感しています。

2ヶ月で皮下脂肪がこれほど薄くなることが実感できるとは思っておらず驚くばかりです。

禁酒ダイエット生活に慣れるのは3週間程度

禁酒ダイエットに慣れるのは3週間

自宅での家飲み、一人酒が習慣化している人にとっては、それらを一切辞めるのはなかなか簡単なことではありません。

モチベーションが切れるのを防ぐためにも、飲み会の時は飲酒OKというルール決めをしていますが、それでもお酒が欲しくなる。

これはひたすら我慢するしかありません。

この自宅での禁酒に慣れるまでに約3週間ほど掛かりました。

2ヶ月経過した現在では、仕事帰りにコンビニやスーパーで缶ビールを買うという発想自体が無くなりましたし、自宅で飲みたいという欲求も無くなりました。

完全に自宅で飲まない事が習慣化されています。

禁酒ダイエットで効果が出る理由

禁酒ダイエットで効果が出る理由

食事制限もせずただ単に一人酒を辞めただけで何故これほど痩せるのか。

調べてみるとアルコール・お酒は意外にカロリーが高いという事が分かりました。

アルコールのカロリーは意外に高い

ビール1缶(350ml) 147kcal

ワイン グラス一杯(100ml)73kcal

日本酒 1合 200kcal

焼酎 甲類(100g)206kcal

焼酎 乙類(100g)150kcal

ウーロンハイ ジョッキ1杯 105kcal

ウイスキー 1杯  71kcal

ご飯1膳(160g)は269kcal

ご飯と比べると、どのお酒も2杯〜3杯飲むだけでご飯1膳分と同じカロリーとなります。

毎日ビール2本を飲む方は、毎日の食事がご飯1膳分以上増えている。

また更に酒量も増え、お酒のアテも含めると、そのカロリー数は一食分ほどになってしまいます。

これは太るのも当然。

逆に、一人酒を辞めるだけでアテ・おつまみも食べなくなるので痩せるのも当然ですね。

禁酒ダイエットって本当に効果があるの?どれくらい効果があるの?という方はこれを見ていただけると納得が頂けたのではないでしょうか?

<PR>ダイエットにお茶!?

【二日酔いに注意】お酒に弱くなる

お酒に弱くなる。二日酔いに注意

それと、筆者と同じように禁酒ダイエットを取組む場合の注意点をお伝えします。

日頃から一人でも飲む習慣が有る方はお酒への耐性ができている為、ある程度お酒に強くなります。

しかし、一人酒をやめるとお酒を飲む頻度は減りますのでお酒に弱くなります。

しばらく飲まない状況が続いたあとに、久しぶりに飲み会の機会だからといって、「飲むぞ」と張り切り飲み過ぎると、お酒の耐性が弱くなっているため、高確率で悪酔いします。

特に、日頃飲んでいた、お酒への耐性が強い時と同じ感覚で飲んでしまうと危険です。

この久しぶりに飲むという”久しぶり”の期間ですが、2週間程度でも実際の体感としてはかなりお酒に弱くなっています。

筆者自身、禁酒ダイエットを始めて、久しぶりの飲み会で、地獄の二日酔いを味わっています。。。

一切のお酒を辞める。完全断酒するという方は問題ありませんが、一人酒を辞める。家のみだけは辞めるという頻度を減らす禁酒ダイエットに取組む場合はこの点のみ注意して下さい。

今日からでも禁酒ダイエットを

ということで、2ヶ月の禁酒ダイエットの効果の経過報告と、禁酒ダイエットについて調べたこと、実感したことをお伝えさせて頂きました。

禁酒ダイエットは明日からでも、今日からでも始められます。

コストもかからないどころか、お酒代が浮くので貯金も同時に始められ、更に健康にもなれる一石二鳥、一石三鳥のダイエット方法です。

効果を気にされている方は是非オススメです。

また、筆者は禁酒ダイエットを引き続き行っていきますので、効果や経過をこのブログで報告していきたいと思います。