友達がアムウェイで約130万円の契約をさせられてた件。断り文句を挙げてみた

2017/03/11

<この記事の所要時間:約 10 分>

アムウェイ(Amway)という企業・ビジネスをご存知でしょうか?

アメリカに本社を置く日用品・消耗品のメーカーで世界でも有名企業です。

自社の日用品をネットワークビジネスというビジネスモデルで販売し売り上げています。

アムウェイについては先日記事を書きましたので詳しく知りたい方はこちら。

Amway勧誘を10回以上受けた僕がAmwayをやらない9つの理由【保存版】

今回はそんなアムウェイを実は私の学生時代の友達が始めたようで誘われたわけです。

今回はその時の話しと友達の状況をまとめてみました。

アムウェイ勧誘の実態について興味が有る方は良ければ御覧ください。


約7年ぶりに学生時代の友達から連絡が

ほんの2週間ほど前の出来事です。

突然学生時代の友達からLINEが来ました。

学校卒業以来ぶりの連絡で約7年ぶりです。

ちょっと不思議に思いましたし、なんとなく怪しいなと思いながらも「別に良いや。友達だし!」と思いながら返事をしました。

友「久しぶり!まだ覚えてる?」

僕「久しぶり!わかるよ!」

友「良かった。今度良かったらご飯でも食べに行かない?」

僕「いいよー!」

友「いつが都合良い?」

僕「平日の夜ならだいたい空いてる」

友「来週とかどう?」

僕「来週なら水曜と木曜なら空いてるよー」

友「じゃあ水曜日にしようか!」

僕「オッケー!」

この様のトントン拍子で7年ぶりに会う約束を取り付けたわけです。

この時の筆者の想い

アムウェイの事も知っていましたのでなんとなく、

「勧誘・ビジネス系かな?」とも思いつつ、

「久しぶりに友だちに会えるだけでも良いや」

と思っていました。

ただ淡い期待として、「ビジネスじゃなくて純粋に思い立ってたまたま連絡してきたパターンなら嬉しいなと」という感情も抱いていました。

その可能性はかなり低いとも思っていましたが。

実は学生時代はプライベートで遊んだことは無い

実はその友達とは学校内では時々話していましたが、学校の受講していたコースが違うコースということもあり、学校内だけの関係で、学年の合同の飲み会以外に、外でプライベートで飲みに行く。遊ぶということは1度も無い友達だったのです。

この時点でまあほぼ”そういう話”という感じですね(笑)


7年ぶりの友達に有った時の詳細

久しぶりに会って行ったお店は、よく学生時代に利用していた居酒屋でした。

安くて美味しいお店で、私の同級生もよくその居酒屋に行っていたのです。

そこに行きました。

本当に久しぶりで少し嬉しかったです。

最初に会って居酒屋に入ると他愛もない話です。

学生時代の話

同級生の今の話

○○が結婚した

など同窓会などでもよくある話題です笑

純粋に筆者も楽しかったです。

ただ、なんとなくネットワークビジネスの勧誘での会話の流れなども知っていますので、

その関連の会話にいつなるのかと慎重に且つ楽しく会話を進めていきました。

ネットワークビジネスでの会話でありがちな話題についてはこちら

もしかするとネットワークビジネスの勧誘じゃないのかも。。。

そうこうしていると、時間は流れ2時間が経とうとしていました。

ここまで普通に楽しく会話していただけです。

全くその話題が出ませんでしたので、もしかしたら本当に純粋に会おうと思っただけなのかもしれない。。。

そう思い「自分のことを反省しそうになっていました。」

やっぱりネットワークビジネスの勧誘だった

そんな時に遂にあの言葉が・・・

「今日なんで俺が誘ったか不思議に思わなかった?」

この言葉が友達の口から出た瞬間に「遂に始まる・・・」と思うと同時に、やっぱりネットワークビジネスだったというがっかり感が襲ってきました。

そこで仕事の悩みや話等が始まりました。

「仕事と夢があるが、夢を目指すには今の収入じゃ足りない。」

「先月からはじめ、それを今からやっていこうと思っている」

「そのビジネスがあるから今は仕事に悩んでいるけど頑張れる。」

という事で話は終わりました。

その日はそれだけの話で終わったのですが、実は最後にDVDを渡されました。

「DVD見てまた感想きかせて」とだけ伝えられその日は終了。

DVDのタイトルは「よくわかる経済学」

このDVDを見た時に思いました。

「あー多分年金の話とかやろな。」とね。

そして実際に見てみるとやはり少子化・年金・健康寿命・予防医療というネットワークビジネスの勧誘の際に良く出てくる当たり前の話でした。

30分位のDVDでしたが、「将来は若い世代が年金をもらえなくなる。だから1つの収入だけではなく、複数の収入が重要。」という当たり前のことを当たり前に話しているセミナーでした。

こんな話はテレビでも何度も言っているしネット上でもいくらでも書かれてある事実には間違いありませんが、当たり前の話です。

「これを見て響く人は今更居るのだろうか・・・」と思いつつも居るからネットワークビジネスは成り立っているんだよな。。。とも同時に思いました。

DVDの映像に出てきた会社名を調べるとアムウェイだった

DVDを見ただけであれば特に何もネットワークビジネスに関する情報が出てこなかったのですが、そのDVDの映像の中で出てきた会社名を調べると。。。

アムウェイでした。

正確には、その会社のホームページには○○事業などの事業名が書かれていませんでしたが、その会社の代表社名(社長)で検索するとアムウェイにたどり着きました。

「出たアムウェイ!!!」

友達には感想を聞かせてと言われている件

現在の状況的にはまだ具体的には聞いていない状況で、今度あった時に、そのDVDの感想だけ聞かせて。と言われているだけの状況です。

ここで全てを知った私は、今度あった時にどう言おうと悩みましたが、時間ももったいないので、素直に全てを知ったことを言おうと思いました。

友達を会い実情をすべて聞いた

そして、次に指定された場所はカフェでしたのでカフェでDVDを持って返すと同時にこう伝えました。

私「アムウェイやね」

友達「え!なんでわかった?ってか知ってるの?」

私「DVDに出てきた会社名を検索したら普通に出てきたよ。」

私「アムウェイは何回か勧誘に合ったことが有るから知っているよ」

友達「あーそうなんや。」

それから、一通り私のアムウェイに関する考えや、やらない理由を相手に伝えました。

要は筆者が考えるアムウェイに対するメリットとデメリットです。

伝えた内容としては要約するとこれらです。

アムウェイのメリット・デメリット

・アムウェイ自体はただの日用品メーカーの販売戦略だから違法でもないことを知っている

・アムウェイは悪でも詐欺でもない

・友達がアムウェイをやっていてもそれは自由だと思う

・アムウェイが上だけが儲かる仕組みでもなく、努力次第ということも知っている

・ただ、風評被害が大きすぎる

・友達を失うリスクが大きすぎる

・友達を風評被害が有るビジネスに勧誘すること自体にも抵抗がある

・自分が友達をビジネスに誘うなら自分で何かを立ち上げて風評被害が無いビジネスに誘う

・簡単に見えて実際は本気で時間を割いて取り組まないと到底無理

・9割の人はまともに稼げていない事を考えると、儲かるようになるためのレベルに到達する可能性と、途中で挫折する可能性は挫折する可能性が圧倒的に高い。

・プラス面、マイナス面全てを考慮するとやるリスクが大きすぎる。

全てを友達に伝えきれたわけではありませんが、これらを伝えました。

そうすると

友達「そこまで知ってやらないのならまあ良いやー!」

という反応でした。

ということで分かってもらえたようです。

月28,000円の48回払い約1,300,000円の契約していた

そして、そこで友達がアムウェイを始めた経緯を聞いてみました。

キッカケは地元の友だちに誘われた

たまたま地元に帰っていた時に久しぶりに会った友達に誘われたそうです。

その時の誘われ方も筆者と同様で、「DVD見てみて」とのことだったそうです。

そのDVDを見て友達が、「確かにな~」と思い、それでよくよく友達の話を聞き、アムウェイの説明会を受け入会したという経緯の様です。

高額の契約をさせられていた

そこで、契約させられたのが、月額28,000円の48回払いの契約。

全て合計すると約130万円越えです。

また、十万円程する浄水器なども購入していました。

正直「あー。。。」と思いました。

流石に数々のアムウェイの実情を見てきて本当にこの大きな大金を契約させられている人を見たのは初めてです。

十数万円〜30万円程の契約をしていた人は居ましたが。。。

何故契約したのか聞いてみたら何も考えていなかった

アムウェイをやることに対してはさほど否定出来ではありませんが、その高額な契約をしていることに対しては疑問に感じたので聞いてみました。

私「月額28000円の48回って事は130万円の契約ってことだよね?」

友達「えっ??????」

私「えっ。。。(´゚д゚`)」

私「いや、28,000円の48回だから130万円だよね。。。」

友達「あ〜そう考えたことなかったけどたしかに。。。」

私「(゚д゚)!!!!!いやいやいや。普通そう考えるよね。」

彼は「月額28,000円の契約」という事は自覚していましたが、「130万円の契約」とは自覚していなかったのです。

お金に悩んでいるにも関わらず「月額28,000円・・・」筆者にはこれが衝撃的過ぎました。

正直アムウェイに130万円支払うくらいだったら車でも買ったほうが100億倍マシです。。。

だって、130万円が洗剤やシャンプーやサプリメントに消えるのですから。。。

 

でも流石に27才の男の判断を全否定することも出来ず。

意思も固そうだったのでこれ以上言うことをやめました。

アムウェイでも結構ひどいパターン

正直今回のパターンはかなりひどいパターンだなと思いました。

基本的にアムウェイに否定的ではありませんが、

ここまでくると、どうしてもアムウェイに対しての不信感の気持ちが出てきます。

というより、アムウェイをやっているディストリビューターに対して。

完全に「カモにされている」「無知につけこんでいる」というふうに筆者には見えました。

地元の友だちに言われるがままに、契約してしまったようです。

筆者が知らないだけで恐らくこのようなパターンはいくらでも有るでしょうし、

これよりひどいパターンもたくさんあるでしょう。

これが、アムウェイの最下層の実態なのかもしれません。

彼にはこれしか方法が無い

最後にアムウェイをやる上で「友達を失うリスク」について聞いてみました。

私「アムウェイには風評被害があって、友達に「あいつアムウェイ始まったらしいよ」って噂が広まって友達失う可能性結構高いよ?」と聞いてみると、

友達「それはわかってるんだけどね〜」

私「俺以外に友達誘って会った人いる?」

友達「いや、色々誘ってみたけどほとんど連絡ない」

という状況のようでした。

ここで思ったのが、「友達を失うリスクについては自覚している。でも彼には夢があって、彼の中で夢に近づける方法の1つがこのアムウェイで、これ以外に夢を目指せるアイディア・方法が見つかっていないのだろうな。」ということです。

夢を持っていて目指したいけど、仕事があり経済的な問題もあり中々思うように進むことが出来ない。という状況のようです。

つまり、アムウェイはやはり夢を持っている人が勧誘に乗りやすいということの裏付けです。

友達を失うリスクを承知で取り組んでいるようでした。

アムウェイを契約するときは絶対慎重に

アムウェイの勧誘を受けたときは、断っても良いですし、断らなくても良いと思います。

個人の判断です。

ただ、説明会に連れて行かれると、アムウェイである程度成功している年収2000万円クラスの人が話しますし、会うことが出来ます。

そうすると、パワーバランスは完全にその成功者の人が勝ちます。

その説明会の空気を全て掌握し、「出来る感覚・稼げる感覚になります。」

ですので、そこで流れに身を任せて契約をするのではなく、絶対に後日冷静にメリット・デメリットベースで考えた上で自己判断をしましょう。

アムウェイに関するメリット・デメリットがわからない方は以前の記事をご覧ください。

 


 comment
  1. かりんとう より:

    前回の記事もあわせて読ませていただきました。こういう体験、私も何度もあります。
    保険会社に転職した子からのアプローチってパターンもありますが、その方がよっぽどましですね。
    アムウェイの場合は、なんかみんな変な連帯感を持ってるみたいでそれが怖いです。

    • 執筆者:けんぼー より:

      アムウェイのビジネスモデル自体は悪くないのですが印象的にですね。。。
      僕も友達から保険の営業は受けたことありますが、そのほうが100倍マシです(笑)
      アムウェイは仕組み自体が、連帯感を持たせるようなビジネスモデルになっているからどうしてもそうなってしまうんですよねー。。。

コメントを残す