産後ダイエットの方法は食事制限だけじゃダメ?骨盤矯正が重要!

2016/08/11

<この記事の所要時間:約 3 分>

産後は脂肪がつきやすく、妊娠の影響で骨格が歪んだりと、以前の体型を戻したいと思って自分で取り組んでもなかなか元の体重に戻ににくいものです。

今回は産後ダイエットにどのように取組むのが効率的なのかその方法をお伝えしたいと思います。

何故産後は痩せにくいのか

実は産後は、妊娠するまえよりはるかに痩せづらい体質になっているんです。

その理由が女性ホルモンの1つである黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響です。

黄体ホルモン妊娠中に増えるのは子宮内膜を厚くします。

この黄体ホルモンが増えることで退治のために十分な水分や栄養分を体内に溜め込もうとする働きがあるのです。

妊娠中は食欲が増えると言われていますがこの為です。

産後ダイエットの為に過度な食事制限は禁物

産後も痩せづらい傾向にあるのは中々妊娠の頃の食欲の感覚が抜けないという場合もかなり多いようです。

その為、産後ダイエットの方法として適度な食事制限も大切であると言われています。

ただ、産後は、母乳で赤ちゃんを育てているという方が大半です。

食事制限を過度にし過ぎると今度は、母乳の質も悪くなってしまうので極端な食事制限はお勧めできません。

産後ダイエットの方法は食事制限よりも骨盤矯正

一つの方法としては骨盤矯正がお勧めです。

出産や妊娠をするとどうしても骨盤がゆがんでしまい、それが太る原因とされています。

骨盤の位置を元に戻す骨盤ダイエットがお勧めです。

骨盤矯正については、最近は産科などでも出産後の指導として取り入れられているようですから、ぜひお医者さんにも相談してみましょう。

骨盤矯正サポーターで自宅で産後ダイエットも

骨盤矯正のプロの手で施術してもらう赤ちゃんのお世話をしながらの生活になりますので、中々通うのも難しい。。。

という方も多いはず。そのようなときは骨盤矯正サポーターなどを利用して自宅でエクササイズに取組むのも効果的です。

人気な骨盤矯正サポーターがこちらです。
楽天ランキング1位の大人気骨盤矯正サポーターで、産後の方にも人気の商品です。

産後ダイエットに取組むタイミングは半年以内

そして、産後ダイエットを成功させるには、目安として産後半年以内に行うことです。

産後半年というのは、体についた脂肪も取りやすいといわれていますから早く始めるに越したことはありません。

体調が良ければ早めにダイエットを始めるといいかもしれませんね。

また、産後ダイエットは無理せず、赤ちゃんのお世話をしながら継続できるものにしましょう。

たとえば自宅などでできる簡単なエクササイズや、体操を取り入れて体を徐々に動かすとよいでしょう。

ただ、産後はまだ赤ちゃんとの生活のリズムも安定していない頃ですので、無理をしないようにしてください。

産後ダイエットはとにかく体重というよりも、妊娠中の影響で歪んだ体型を元に戻すことを目的として無理せず続けてみましょう。