植物性乳酸菌が含まれた食品一覧。動物性乳酸菌との違い

<この記事の所要時間:約 4 分>

乳酸菌を摂取しようと思ったときに最初に思い浮かべるのがヨーグルトです。

しかし、乳酸菌はヨーグルトだけに含まれているわけではなく、私達が日頃食す食物の中にも乳酸菌を含んだ食品があります。

今回は、そんな乳酸菌を含んだ食品と植物性乳酸菌についてお伝えいたします。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い

漬物と植物性乳酸菌

乳酸菌とは私達の腸の中に住む善玉菌の一種でその数は約1億〜1000億個と言われています。

主な役割としては、糖を乳酸などに変化させる菌のことです。

そんな乳酸菌にも実は種類があり植物性乳酸菌・動物性乳酸菌とがあるのです。

植物性乳酸菌は漬物など植物の発酵食品に多く存在しています。

逆に動物性乳酸菌はチーズやヨーグルトなどの動物のミルクを発酵させた食品の中に主に多く含まれています。

植物性乳酸菌は腸まで届く?

植物性乳酸菌は生きて腸まで

植物性乳酸菌は動物性とは違い、胃酸にも耐え、動物性乳酸菌と比べると腸まで届きやすいと言われています。

ただ、生きて腸に届くことと、死んで腸に届くことの効果の違いに関しては疑問視されており、生きて腸に届くことが必ずしも良いとは限りません。

なんとなく植物性乳酸菌が生きて腸まで届きやすいから良さそうだと思いがちですが、実際明確に科学的・医学的に立証されているわけではありませんので、植物性乳酸菌が絶対的に良いとは言い切れないようです。

そのことについて気になる方はこちらを御覧ください。

日本食には多くの植物性乳酸菌が含まれている

e71993933f8a09c159f31e955a8198db_s

植物性乳酸菌は先ほどお伝えしたように漬物など日本食に含まれているのです。

そう、私たち日本人は古くから発酵食品を好むため、乳酸菌とは密接な関係があるのです。

例えばこのような食品に植物性乳酸菌が含まれています。

味噌・醤油・漬物(梅干し・しば漬け・ぬか漬け・たくあん)・納豆・塩麹

まさしく日本古来より食されてきた日本食です。

また、この他にも植物性乳酸菌が含まれた食品として、キムチ・ザーサイ・ピクルス等も植物性乳酸菌を含んでいます。

やはり、植物の発酵食品には基本的にどれも植物性乳酸菌が含まれているようです。

動物性乳酸菌が含まれた食品としては、発酵バター・ナチュラルチーズ・ヨーグルト・生ハム・塩辛などが挙げられます。

塩辛も確かに海の生き物(動物)の発酵食品ですね。

ぬか漬けの健康効果が凄い

漬物は健康に良いと言う事はなんとなく分かっているという方は多いでしょうが、では具体的にどのような効果があるのかお伝えしたいと思います。

漬物は先ほどお伝えした乳酸菌以外にも食物繊維・ビタミン・ミネラル・酵素なおが含まれております。

特に、漬物の中でもぬか漬けは、ビタミンを多く含みます。漬物は漬け込む時間が長くなると酸化によってビタミンが減っていくのですが、ぬか漬けに関しては、ぬか自体にビタミンB1が含まれており、ぬか漬けにすることによって、栄養価が高まります。

このような栄養豊富なぬか漬けは貧血・便秘・免疫向上等に良いとされており、美容面で言うと肌荒れ予防・美肌効果が期待できると言われています。

発酵食品で乳酸菌を積極的に摂取しよう

植物性乳酸菌に依存しすぎずに、動物性でも植物性でも、積極的に摂取するように心がけましょう。

最近は菌活という言葉がはやり、腸内環境を整えることの重要性の認知度が高くなってきています。

イメージ的に菌活は乳酸菌を含んだサプリメントやヨーグルトなどで行うと思いがちですが、それだけではなく、プラスαで日頃の食生活を乳酸菌を含んだ食品を摂取するよに心がけるだけでも1日の乳酸菌摂取量は変わります。

是非、様々な食品からの乳酸菌の摂取を心がけてみましょう。

この記事を書いていると、漬物・ご飯・味噌汁・焼き魚の定食が食べたくなってきました・・・