r1ヨーグルトはノロウイルスへ予防効果無し?ラクトフェリンが有望

<この記事の所要時間:約 6 分>

明治の大人気ヨーグルトR-1ヨーグルトは2009年12月発売以降、大人気のヨーグルトで現在でも機能性ヨーグルトのトップを走り続けています。

そんなR-1ヨーグルトですが、今回はノロウイルスに対する効果について掘り下げてご紹介したいと思います。


R-1ヨーグルトとは

R-1ヨーグルトとは2009年12月に株式会社明治が発売した1073R-1乳酸菌(R-1乳酸菌)を使用したヨーグルトの事です。

1073R-1乳酸菌はブルガリア菌の一種で、明治が保有するブルガリア菌の中でも、「EPS(多糖体)」を多く産生する特性があります。

※ EPS (Exopolysaccharide)とは
乳酸菌等の微生物が菌体外に産生する多糖体のことを指します。多糖体とは、糖類が繋がった高分子であり、 一般的にキノコや海藻、野菜などの食品に含まれています。(情報参照:明治公式プレスリリース

R-1ヨーグルトについて更に詳しい情報はこちら

R-1ヨーグルトを5年間継続して実感した効果。累計1200本以上飲んで分かったR-1乳酸菌の効果とは


ノロウイルスとは

R-1ヨーグルトについて再確認したところで、次はノロウイルスについて基本情報をおさらいしましょう。

ノロウイルスとは胃腸炎の原因となるウイルスの事で、11月〜1月に流行します。

人の身体(手・指)や食品などから感染し、代表的な症状は嘔吐・下痢・腹痛です。

ノロウイルスは感染力が強く、そのうえ予防接種できるワクチンがないため、普段のうがい・手洗い・マスクや食品の調理に注意することで感染を予防することが重要です。

 

R-1ヨーグルトはノロウイルス予防に効果無し!?

出典:明治R-1ヨーグルト

結論から言えば、免疫力を高めるという意味では間接的にYESかもしれませんが、R-1ヨーグルトがノロウイルス予防薬になるかと言えばそれはNOです。

あくまでもR-1ヨーグルトはR-1乳酸菌が使われた、ヨーグルトですので、予防薬にはなりません。

ただ、継続することで健康維持のサポートになり、その結果、知らず知らずの内にノロウイルスの感染を防いでくれるという事は考えられるかもしれません。

特に腸は人体の最大の免疫器官と言われていますから、腸内環境を整えるという意味ではヨーグルトの継続は1つの良い方法です。

ラクトフェリンがノロウイルスを防いでくれる試験データが

しかし、R-1ヨーグルトどうこうよりも、様々なヨーグルトに含まれているラクトフェリンに着目すると、ラクトフェリンとノロウイルスの関係を確かめる試験データが複数出てきます。

いずれもノロウイルスに対してラクトフェリンの有用性を示す試験結果となっていますので、一部紹介したいと思います。

ラクトフェリンとは

そもそもラクトフェリンとは母乳をはじめとする乳に含まれるタンパク質の事で、母親の母乳には生まれたばかりの赤ちゃんの風邪などの感染症から守る働きがあると言われております。

ラクトフェリンがノロウイルスに効く理由

ノロウイルスが増える場所は腸で腸内部の表面の細胞から侵入することで、腸本来の機能を乱すことで、代表的な症状である下痢・腹痛を引き起こします。

そんなラクトフェリンは何故ノロウイルスに良いとされているのか。

その理由は2つあります。

1、ラクトフェリンが腸の表面に張り付くことでウイルスから守ってくれる

2、ラクトフェリンがノロウイルスに直接くっつくことで腸表面の細胞に侵入することを防いでくれる

これらの作用のことを抗ネコカリシウイルス作用といいます。

ラクトフェリンはこれらの働きがあるため、近年、ノロウイルスが話題になるとともに、ラクトフェリンの話題も大きくなってきているのです。

ラクトフェリンとノロウイルスの試験

そんなラクトフェリンとノロウイルスの試験を森永乳業が発表しました。(情報参照:森永乳業公式プレスリリース

5歳未満の保育園児を対象にした試験

この試験では5歳未満の保育園児2グループに対してラクトフェリンが400mg含まれた錠菓を16週間摂取してもらい、もう一方にはラクトフェリンを与えないで様子を観察しました。

結果、ラクトフェリンを摂取していない方はノロウイルス感染性胃腸炎の発症率が7/45(人)でした。

逆に、ラクトフェリンを毎日16週間摂取したグループは2/46(人)という結果になりました。

ロタウイルス感染症とラクトフェリンの関係

もう1つの研究が5歳未満の保育園児に1日100mgのヨーグルトもしくは錠菓を12週間摂取してもらいました。

結果、ロタウイルス感染症胃腸炎の発症率には差がありませんでしたが、ロタウイルス感染性胃腸炎を発症した園児の下痢の回数と日数がラクトフェリンを摂取したグループの方が少ないという結果になりました。

※ロタウイルス感染症とは乳幼児など子供に感染することが多い感染症で、急性胃腸炎等を引き起こすウイルスです。

ラクトフェリンのヨーグルト

上記でご紹介した結果のようにラクトフェリンがノロウイルス対する有用性は様々な試験によって明らかになってきています。

そんなラクトフェリンのパワーは既に多くの人が知っており、ヨーグルトを毎日継続することで、ノロウイルス対策・健康維持につとめています。

中でも人気なのが、森永乳業のヨーグルトです。

森永乳業が発売しているラクトフェリンとビフィズス菌BB536ヨーグルトはラクトフェリンを100mg配合しております。

このヨーグルトはラクトフェリン目当てに機能性ヨーグルトを検討している人が多く利用しておりtwitterなどでも多くの口コミが投稿されているので、お勧めです。

サプリメントもオススメ

また、現在のサプリメントはラクトフェリンの他に様々な効果のある成分を複合的に配合しているため、ヨーグルトよりも更に費用対効果を求める方にはお勧めです。

中でもこちらの【ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌】サプリメントはなんと1日目安2粒の中に300mgも配合されています。


ラクトフェリンは1日の推奨摂取量が300mgとされており、2粒飲むだけでラクトフェリン推奨量をしっかり摂取出来る本物志向のサプリメントです。

また、更に善玉菌BR-108株ビフィズス菌・新型善玉菌EC-12株フェカリス菌を配合し、さらに、腸内の善玉菌のエサとなるオリゴ糖も配合しています。

様々な種類の乳酸菌や成分を配合することであらゆる面から腸内環境のサポートを狙います。

そして、カプセル状になっているため、胃酸に負けず、各成分のパワーを無駄にすることなくしっかりと届けてくれるのです。

そんな有用な成分がたっぷり配合されているにも関わらず定期コース1日あたりの金額は163円です。

安いものを継続していくよりは、費用対効果を求めている方に特にオススメです。

WEBからのお申込みの方には定期初回1980円で購入出来るキャンペーンを行っているのでご参考までに。

上記のバナーより公式ページをご覧いただけます。

 

【合わせて読みたい】


コメントを残す