R-1乳酸菌(OLL1073R-1)の効果とは?インフルエンザに効果的?R-1ヨーグルトの効果の秘密

更新日:

<この記事の所要時間:約 6 分>

R-1ヨーグルトが効果的ということで大人気ですが、実はそんな効果の秘密にはR-1ヨーグルトに使用されている乳酸菌に秘密があるのです。

今回は、R-1ヨーグルトに使用されているR-1乳酸菌についてご紹介したいと思います。

R-1乳酸菌の正式名称

まず、R-1乳酸菌の正式名称は【ラクトバチルスブルガリクスOLL1073R-1乳酸菌】と言います。

ヨーグルトを作るために使用されるブルガリア菌のひとつで、多糖体を多く産生することが特徴です。

様々な効果が現在でも明治によって研究されています。

 

試験で分かったOLL1073R-1(R-1乳酸菌)の効果

出典:meiji.co.jp

出典:meiji.co.jp

明治ではこのR-1乳酸菌の研究を長きに渡り行った結果、健康維持につながる様々な効果があることがわかりました。

 

例えば、OLL1073R-1(R-1乳酸菌)これらの効果が分かっています。

免疫力アップ

インフルエンザ予防効果

腸の調子を整える

花粉症に良い

 

メディアでも最も話題となった効果の1つに、インフルエンザの予防効果があります。

 

話題になった理由は、マウスを使った試験においてOLL1073R-1(※R-1ヨーグルトに使用されている乳酸菌)にNK活性増強効果が認められ、風邪疾患などのリスクを低減することや、抗インフルエンザ試験によってインフルエンザの抑制効果の可能性が有る事が分かった為です。

 

NK細胞とは

ナチュラルキラー細胞の略称で、免疫細胞の中でも最前線で病原体と戦う重要な役割りを担っています。

 

R-1乳酸菌はNK細胞を活性化してくれる

R-1乳酸菌にはNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させてくれる効果がマウスや人間への試験によって分かっています。

R-1乳酸菌は多糖体(EPS)を作る働きがあります。このR-1乳酸菌が作り出すEPSには中性・酸性の2種類があることが分かっており、酸性EPSには免疫司令物質の2IFN-γ(インターフェロン-ガンマ)を作るよう働きかける作用があります。

※2IFN-γ(インターフェロン-ガンマ)は、サイトカインの一種で、T細胞で産生され、マクロファージやNK細胞を活性化させ、免疫力を高めます。(参照:明治ヨーグルトライブラリー

NK細胞とは人が生まれながらに持っている自然免疫の1つで、血管内をとおって全身をパトロールし、外的であるウイルスやがん細胞を見つけ次第攻撃するリンパ球です。まさに、最前線で様々なウイルスと戦う切り込み隊長です。

この図のようにNK細胞がいち早くウイルスやがん細胞を殺してくれているお陰でウイルスが体内で増殖すること無く、健康が維持されます。癌は実は私達の身体の中で毎日5000個出来ていると言われていますが、それでも癌にならないのはNK細胞が活発に働いてくれているからにほかなりません。

腸内環境を改善してくれる

最大の免疫器官である腸は人体の7割以上の免疫機能を司っています。腸内に住む細菌は約300種類で、100兆個が住んでいると言われています。R-1乳酸菌などの善玉菌を取り入れることで整腸作用が期待できます。

 

 

マウスへの試験で、NK活性上昇効果を確認

乳酸菌1073R-1株が生成する多糖体(EPS)には中性・酸性の2種類があるのですが、この内、酸性のEPSに免疫系の伝令物質であるIFN-γの生成を促す作用が有ることがわかりました。

そこで、マウスに酸性のEPSを与えたところ、NK活性が増強されるという結果となったのです。

実際に、酸性EPSが含まれた乳酸菌1073R-1を使用したヨーグルトをマウスに与えても同じ様にNK活性が増強される結果となったのです。

出典:明治

 

マウスでのインフルエンザウイルス感染試験で予防効果を確認

北里大学(山田陽城教授、永井隆之講師)と明治の共同研究で、マウスを新型インフルエンザと同じタイプのA型H1N1亜型のインフルエンザウイルスに感染させる実験。

感染させる21日前から感染後4日までR-1乳酸菌を使用したヨーグルトを与えるグループと、水を与えたグループとで比較観察。

結果、R-1乳酸菌を与えたグループのマウスの方が、水を与えたグループよりもインフルエンザ感染後の生存率が向上しました。

出典:明治

 

佐賀県の小学校での実験。インフルエンザ感染率が大幅減少

 

R-1ヨーグルトの試験はマウスだけの実験にとどまりません。

 

ニュース記事によると、佐賀県有田町の小学校でR-1ヨーグルトを使用したとある実験が行われたことをご存知でしょうか?(出典:マイナビニュース

2010年10月1日〜2011年3月18日までの期間で小学校の生徒合計1904人がR-1乳酸菌入りヨーグルトを毎日1本飲みつづけました。

 

すると佐賀県有田町のR-1ヨーグルトを飲み続けた小学校は、佐賀県のその他の小学校生徒と比べインフルエンザに感染する率が大幅に減少するというデータになりました。

 

 

有田共立病院(佐賀県有田町)の井上文夫病院長はこの結果に対して「顕著な差が出た。R-1乳酸菌入りヨーグルトには、インフルエンザウイルス感染に対する予防効果がある可能性が示唆された」と述べました。

 

また、保護者からの意見では「風邪、インフルエンザにかかりにくくなった」「インフルエンザにかかっても症状が軽い」「鼻炎がかるくなった」などの声が上がったとのことです。(情報参照:マイナビニュース

 

 

まとめ

この様にR-1ヨーグルトに使用されているR-1乳酸菌は様々な効果が認められています。しっかりした試験結果が有るからこそ、R-1ヨーグルトは現在も変わらず大人気のヨーグルトなのです。

最後に1つお伝えしておきたいことは、R-1ヨーグルトは継続しなければ意味がないということです。

1ヶ月2ヶ月継続した程度ではほとんどよくわからない。と、ほとんど体感できない方が多いかと思います。

しっかりと体感するには継続を心がけてみて下さい。

 

【合わせて読みたい】

-ヨーグルト・乳酸菌
-, ,

Copyright© え、まだ知らんの? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.