R1ヨーグルトは効果ない?医師から聞いた真実!重要なのは乳酸菌数

投稿日:

<この記事の所要時間:約 8 分>

テレビやネットで数々取り上げられているR-1ヨーグルトはインフルエンザや花粉症・腸内環境の改善や免疫力の向上が期待できるということで、大人気のヨーグルトです。

筆者自身も実は、このR-1ヨーグルトの恩恵を受け、かれこれもう7年近く飲んでいます。

 

ここ1年〜半年位は頻度がだんだん減ってきたものの、それ以前はほぼ毎日継続。本数にすると累計で1500本は余裕で越えています。

 

金額にすると、約130円✕1500本=195000円(笑)

 

改めて計算するとちょっとだけショックかも。。。笑でも、結果的には、様々な効果を体感できています。費用対効果としては、良かったかな。と思うところです。

 

【関連】R-1ヨーグルトを5年間で1200本以上飲んだ結果と効果。R-1乳酸菌の効果とは

 

そんなR-1ヨーグルトですが、ネットでは「効果があまり体感できない」という声が非常に多い。

逆にいうと、「改善した!」という声の方が実は少ない事をご存知でしょうか?実は、R-1ヨーグルトを飲んで効果がしっかりと体感できたという方の方が少数派の意見の様です。

 

これは何故でしょうか?調べてみましたのでご参考までに御覧ください。

R-1ヨーグルトは効果がないと感じた人の口コミ

まず、R-1ヨーグルトは効果ないと感じた人の口コミをご紹介致します。ちなみに、この口コミはSNSなどから参照しておりますので、性別や年齢等は不明ですm(_ _)m

 

R-1ヨーグルトが飛ぶように売れてから、インフルエンザは減ったでしょうか。逆に増えていますね。

 

トクホと一緒で成分は効果があるけど実際はたいした効かないものですよね。

 

r1ヨーグルトを飲んでいましたが風邪引きました。以前よりは風邪ひきにくくなったような気もしなくな無いですが。

 

娘が毎日食べています。先週インフルエンザになってしまいましたが、予防接種をしなかったわりに、とても軽く済みました。

 

どうもないとおもう。

 

旦那が花粉症の為に飲んでますが、今年も症状出ました。

 

2ヶ月位毎日飲んだのに、先日インフルエンザなりました。

 

このように、R-1ヨーグルトを飲んでいるけど、

風邪を引いた

インフルエンザにかかった

花粉症になった

という人が非常に多いののも事実です。

 

R-1ヨーグルトに効果がないと言われる2つの理由

なぜ、このようにR-1ヨーグルトが効かないという人が多いのでしょうか?その理由は主に2つあります。

1、R-1ヨーグルトに菌を殺す効果は無い

2、飲む期間が短い

では、1〜3それぞれご説明していきます。

1、R-1ヨーグルトに菌を殺す効果は無い

口コミを見ているとある特徴を感じました。それは、「R-1ヨーグルトを薬の様に思っている方です。」

  • R-1ヨーグルトを飲めば風邪にならない
  • R-1ヨーグルトを飲めばインフルエンザにならない
  • R-1ヨーグルトを飲めば花粉症が治る
  • R-1ヨーグルトを飲めば美肌になる
  • R-1ヨーグルトを飲めば便秘が治る

しかし、R-1ヨーグルトはヨーグルトであって薬ではありません。その為、R-1ヨーグルトにインフルエンザウイルスや風邪の菌を殺す効果はありません。

また、花粉症の症状を抑える成分が入っているわけでもありません。

R-1ヨーグルトはヨーグルトなのです。

薬や特効薬のイメージでR-1ヨーグルトを飲むのは誤解ですので、注意しましょう。

2、飲む期間が短い

R-1ヨーグルトは薬ではありません。では、R-1ヨーグルトの恩恵を受けるには、効果を体感するにはどうすれば良いのか。

それは、継続です。

実は、これは、R-1ヨーグルトに限らずヨーグルト全般に共通することですが、継続してヨーグルトを食べるという事は、乳酸菌を継続して摂取するということです。

乳酸菌を摂取することが腸内の善玉菌の割合を増やし、健康維持につながるという事は、厚生労働省も認めています。

腸内の善玉菌の割合を増やす方法には、大きく分けて二通りあります。
まず一つめは、ヨーグルト・乳酸菌飲料・納豆・漬物など、ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を直接摂取する方法です。摂取方法としては善玉菌を継続して腸内に補充すると効果的であるため、毎日続けて摂取することが勧められます。善玉菌は生きて大腸まで到達しないと意味が無いと言われますが、死んでしまっても善玉菌の体をつくる成分にも有効な生理機能が期待できますので、必ずしも生きて腸まで届く必要はありません。

(情報参照:厚生労働省e-ヘルスネット

このように厚生労働省運営のe-ヘルスネットでも明記してあるとおり、継続が重要です。

また、乳酸菌を摂取することが重要ということですので、必ずしもヨーグルトにかぎらず、納豆や漬物なども乳酸菌を摂取する1つの方法です。

口コミを見ていると

R-1ヨーグルトを2ヶ月継続したけど効果がなかった。

1ヶ月毎日飲んでいるけど、風をひいいた。

などという口コミが非常に多いのです。

 

しかし実際には、期間を区切らず、毎日継続することが大切なのです。

 

逆に、では、どれくらい継続すれば効果が体感できるのか。という点については、人それぞれ体質が違うため、一概には言えません。

ネット上では、半年継続したら効果が体感できた。1年継続しているなど様々な口コミがありますが、全員の体質は異なるため、継続期間という点では、どの口コミも参考にすることが出来ないのです。

 

効果が有ったという、良い口コミは半年以上継続している人

ただ、特徴としてお伝えするのであれば、効果が体感できているという様な良い口コミに関しては、少なくとも半年〜1年以上継続している人がほとんどのようです。

これは、1つの目安として考えても良いかもしれません。ちなみに、筆者の場合は、半年継続したことで、花粉症の症状の軽減を体感することが出来ました。

 

医師から聞いた真実!ヨーグルト1本じゃ乳酸菌数が足りない?

上記では継続することが如何に重要か。という事をお伝えさせていただきました。しかし、体感出来ない理由として、ヨーグルト1本で摂取できる乳酸菌の量にも問題があります。

これは、私の知り合いで、胃腸内科の現役医師から直接聞いた話です。

 

 

R-1ヨーグルトなど、ヨーグルト1本に含まれている乳酸菌の数は約20億個と言われています。20億個と言うとかなり多い様に感じますが、しかし、本来1日に必要な乳酸菌数は5000億個〜1兆個と言われています。

 

⚠1日に5000億個〜1兆個もの乳酸菌が必要な理由

その理由は、私達の腸内に元々住む腸内細菌の数は、100兆個〜1000兆個にも及びます。

仮に腸内細菌が1000兆個とした場合、20億個であれば、比率的に僅か0.0002%にしかなりません。100兆個の場合でも0.002%です。

こんな僅かな乳酸菌を摂取したところで、ほぼ腸内には影響しないと言われています。また、口から摂取した乳酸菌は腸には定着せずに、そのまま便として流れてしまうのです。

一人のヒトの腸内には100種から3000種類の細菌が100兆個から1000兆個の腸内細菌が長さ約10mの腸内に生息しており、重量にすると約1.5-2kgに相当する。(情報参照:Wikipedia

 

つまり、ヨーグルト自体は、乳酸菌が含まれており、体に良いものであることには間違いは無いと言われていますが、乳酸菌数だけで見ると、全く足りていないのです。だからこそ、体感が緩やかな為、半年〜1年スパンでの長期での継続が重要と言われているのです。

 

ちなみに、今では、沢山の種類の乳酸菌があり、沢山の種類のヨーグルトがありますが、どの種類のヨーグルトでも大して変わらないそうです。それよりも乳酸菌の数が重要だそうです。

 

これを先生(医師)から聞いたときには私自身ショックでした。何故ならもう20万円分近くR-1ヨーグルトを継続しているのですから。。。とは言え、今もたまに飲んでいますが。

 

ヨーグルトから乳酸菌サプリに切り替える人が増加中!

 

これに気づいた人の多くは、「ヨーグルトに月に4000円くらいの費用をかけるのであればもっと効果的なものは無いか」と探し、その結果、乳酸菌サプリメントにたどり着いて居ます。

 

R-1ヨーグルトから乳酸菌サプリメントに切り替えている人はこんな人

・花粉症やアレルギー対策を考えている人

・インフルエンザや風邪対策を考えている人

・免疫力向上を考えている人

・便秘対策を考えている人

・ヨーグルトダイエットを考えている人

 

乳酸菌サプリメントの月額の相場は3,500円〜4,500円程度と、R-1ヨーグルトと比較してもほぼかかる費用が変わりません。それでいて、1日量で乳酸菌を5000億個しっかり摂取出来る乳酸菌サプリなどがあります。

 

そうなると、R-1ヨーグルトから乳酸菌サプリメントに切り替える理由も頷けますね。

 

勿論、どちらを選ぶも個人の自由です。ご自分で納得して、”継続したい”と思えるものを見つけられれば幸いです。

 

 




-ヨーグルト・乳酸菌
-, ,

Copyright© え、まだ知らんの? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.