アウトプットで知識が身につく。ブログのススメ。

2015/12/05

<この記事の所要時間:約 5 分>

勉強して知った、学んだ知識を自分の身につける。

そのためには誰かに教える。誰かに話してみなさい。アウトプットしてみると良いってよく言われることですよね。

 

こういうブログを読んでる方なら1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

初めての方は、この機会に知っていただければと思います。

 

他から得た知識をアウトプットで自分のものにする方法

tisiki

 

確かに誰かに伝える。

教える立場になってみると、わかるんですよねー。知ると教えるって全然感覚が違います。

知るは自己満でも正直問題ないです。

でも、教えるってなると他人が介入するので、責任とか視線が生じるので、

下手な説明はできないということで、その知識を誰かに話せるレベルに持ってくるため勉強します。

 

恐らくそういう理由で、学んだ知識は誰かにアウトプットすることで本当の意味で自分の身になるって結構言われています。

 

でもこれは、単に言われているだけではなくて実際に、多くの人が経験あるのではないでしょうか。

人に教える、アウトプットすると本当に自分の知識、身となっているんですよねー。面白いことに。

 

噂ももバカにできないです。

で、ここから個人的なところになってきますが、

 

いくらアウトプットするのが良いとしても

 

アウトプットする場がない場合にどうアウトプットするかが問題です。

 

20110818_h

 

正直いろいろ勉強したことって人それぞれ自分の好きなこと、必要なを勉強しているわけで、、、

”自分の好きなこと”を勉強しているんです。

 

当然人それぞれ趣味嗜好が違うので、

自分が面白い、学びたいと思ったことって、大抵は、他人からすると正直「うーん。。。」

「そうなんだ、そういうのが好きなんだ」っていう薄い反応。

この薄い反応はだれでも人生の中で1度くらいは経験したことがあるのではないでしょうか。

 

こういう反応をされてしまうと、

正直自分が学んだことも、”あの人に話しても変な空気になるだろうな”って思って結局学んだは良いものの誰にも話さないまま。。ってことあると思います。

 

アウトプットしたほうが自分の身になるってわかってて、そのアウトプット出来る人が居ない状態。

これは本当に結構あると思うんですよねー。

 

アウトプットしたほうが良いと知っている人にとってはあるあるネタだと思います。※人それぞれですが。

 

じゃあ、そんな時、知識を得たがいいもののそれを身につけたいと思ったとき。

 

本題ですが、それが、

 

インプットした知識はブログでアウトプットするべし!

 Blog sign button

急にべし語になってしまいましたがw

僕個人的には本当にこの方法よく使ってます。

 

【知った知識は誰かにアウトプットする。】この教えの

この”誰かに”の部分。それって、”身近な友達”って指定も無いですし、

”家族でも親戚でも友達でも”なんの指定もありません。

また、”アウトプットする”という部分も、直接会って、電話、メールなどなんの指定もありません。

 

「知った知識は親しい友達・周りの知り合いに直接会ってアウトプットしよう」

こういう広まり方だったら、恐らく今僕はこのブログを書いていないでしょう。

 

でも実際に広く言われていることは

「知った知識は誰かにアウトプットしよう」です。

ということは、伝える相手も伝える方法も決まっていない。”指定がない”わけです。

 

誰にどういう伝え方をしてもこの教えに反していないことになります。

 

「それならブログでブログを見ている人に伝えても当てはまるんじゃないか?」と

そう思ったわけです。

 

そう思って、その勝手な自分のこじつけ論を信じて色々な学んだことを、

このブログ以外にも様々なブログの中で、

自分の知った知識を、ブログ場でブログを見ている人に対して

アウトプットをし続けました。

 

んでそこから学んだことですが。

この方法、結構身につきますw

 

 

確かに多くの人が正しい方法と解釈している、

誰かに直接会ってそれを自分の口で伝えるという方法が

その時の緊張感や他人が介入するという責任感とかがあるので、

自分の身につくという意味では一番効果的だとは思います。

 

でも時と場合によっては、ちょうどタイミングよくアウトプット出来る相手がいないとか、

普段からアウトプットできる相手がいない場合もあるかもしれませんが、

 

そのようなとき、やっぱりブログが役に立ちます。

 

 

コツはブログ閲覧者の立場に立ってアウトプット

 095

単純に自己満的にブログに書くだけでも、

あれどうだったかな・・・って思い出しながら書かなければならない。

メモをとっているならメモを見ながら書かなければならない。

 

でもせっかくなので、さらに効果的にするには、

ブログ閲覧者の立場になって記事を書く、アウトプットするということです。

アウトプットする相手にどう書いたら伝わりやすいとか、

他人に直接あってわかりやすく説明するような感覚で工夫しながら、

伝え方に気を配りながらブログを書くと、

それらが自然と勉強で言う”復習”になって、

自分の中に結構落としこむことが出来るんです。

 

学んだ知識だけではなく、

これから学びたいと思っている事柄でも良いです。

 

例えば資格の勉強をしているならその教本で得たその日の知識を最後にブログで、

見ている人に伝える感覚で書いていくと、

それが復習になって自分の中に落としこむことが出来ます。

 

ちなみにこのブログは自己満的な感覚で書いているのですがw

できるだけ丁寧に説明しているつもりで、ココで書いたことって結構自分の中に残ってて、話のネタとかにもなるんですよねー。

 

もし何かを勉強したいとか、学んだことを誰かにアウトプットしたいって思っている人が居れば、

ぜひぜひブログを活用してアウトプットしてみてはいかがでしょうか。

 

ということで今日はここまで!

 

(*´ω`*)ノシ